追肥のやり方!プランターでやる方法とは!?おすすめの肥料は?

スポンサーリンク

家庭菜園をプランターでしているときの追肥のやり方について紹介しています。

また追肥の種類やタイミングについても紹介しています。

さらには、追肥におすすめの肥料も紹介しているので、お役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

追肥のやり方!プランターでやる方法とは!?

追肥を行う時には育てている物の成長具合をじっくりと観察し続けているのが大事であり、高い頻度で成長具合を見続けるようにし、必要であると感じられた際には速やかに適する量を与えましょう。

そして、追肥を行う時には無意識的に行うのではなく、できるだけ吸収させやすい所を選定して選ぶのも健やかに成長させてあげるために大事です。

また、プランターにて育てている時には畑などで育てている事例とは異なる点に意識を向ける必要もあります。

プランターで育てている事例では、株元に対して与えると根の成長に関係する事態になりやすい特性上、株元から最も離れている所に追肥を行うのが良いです。

そのため、最も遠い所である縁に沿って追肥を行ったり溝を設けて与えつつ、少量の土を被せるといったやり方が優しいです。

一言で追肥と言っても固形と液体に分類でき、液体のタイプを選んで与える時には水を与えるタイミングで水で薄めつつ、じょうろなどを用いて優しく染み込ませるようにしたり、霧吹きなどを使用して葉の表面上に対して吹き付けるようにしましょう。

>>どんな液体肥料があるのか楽天市場でチェックしてみよう!

さらに、追肥をする時には大きく成長させたいという気持ちが強まりやすいので多くの量を与えてしまいやすくなるものの、量が多くなり過ぎない事も意識するのが大切です。

スポンサーリンク

追肥の種類とタイミングについて

肥料は有機質肥料または無機質肥料の2つに分類する事ができますし、有機質肥料はさらに植物由来もしくは動物由来に細分化されます。

そのようなあらゆる種類が存在している中における有機質肥料は、土の内部に生息している微生物によって分解が行われてから根が栄養を得るという仕組みなので、作用がゆっくりかつ長時間にわたって見られるのが特徴的です。

一方の無機質肥料は化成肥料と呼ばれる事例も多く、自然界にて元来存在している鉱物がきっかけで作られていて、有機質肥料とは異なり水と混ざって溶け出す事によって根が栄養を得る仕組みであるが故に、作用が見られるのが迅速という特徴があります。

そして、追肥を行う時には育てている物に応じて臨機応変に考えるのが大事であり、育てている物が成長した後にすぐに収穫可能である物であるのなら追肥は意識しなくて良いものの、長期間にわたって成長していく物を育てているのなら行いましょう。

また、追肥は長期間にわたり育ち続ける物にとって重要性が高いですが、高い頻度であげるのではなく一定の期間を空けるのも大切なので、1度与えた後は2週間もしくは3週間のタイミングで行いましょう。

加えて、追肥をする際には植物の近くに与えるのではなく、縁の近くといったようにできるだけ遠ざけるのも大事です。

スポンサーリンク

追肥におすすめの肥料は?

家庭菜園やガーデニングを行う上で肥料は非常に大切ですが、肥料と一口に言っても様々なタイプが存在します。

そのため、どのようなタイプを使用すべきか迷ってしまうケースは非常に多いかと思いますが、追肥におすすめなのが化成肥料です。

鉱物などの無機質を原料とする化成肥料は、水に溶けやすいという性質があるため、与えたらすぐに水に溶けて根から吸収されます。

水に溶けやすいという性質上、持続性は期待できませんが、含まれる成分が速やかに吸収されて効果を発揮してくれるので追肥としては最適です。

また、微生物の影響を受けずに植物に吸収されるとともに、臭いやガスが発生しないという特徴や、植物の生育に欠かせない三大要素(窒素・リン酸・カリウム)がバランス良く配合されているケースが多いので、初心者の方でも非常に扱いやすいというメリットがあります。

加えて、粒の形状や大きさ、配合されている成分が均一なので、与える量をコントロールしやすく、ムラのない散布がしやすいのも化成肥料のメリットです。

>>どんな化成肥料があるのか楽天市場でチェックしてみましょう!

また、液体肥料も追肥として非常に優秀です。

>>人気の液体肥料を楽天市場で見てみる!

もとから液体になっているタイプの肥料なので、含まれる成分が速やかに植物に吸収されて効果を発揮してくれます。

 

【関連記事】

プランターでミニトマトを育てているのであれば参考なるかと思います。

>>ミニトマトをプランターで育てる時の水やりの間隔と量はどれくらい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました