大さじ・小さじ一杯は何mlでしょうか?それぞれの1杯の重さは何g?

料理初心者さん!料理をする時に当たり前のように出てくる「大さじ」「小さじ」のこと、それぞれちゃんとどのくらいの量なのかって知っていますか?

料理を全くしないという人にとっては、頭に?がたくさん浮かんでしまうことかもしれませんね。

ですが、料理を美味しく作ろうとする時にこれってとても大事ですよね。

何をどのくらい入れるのか?

ちょっとした誤差でも、それによって味は全く変わってきてしまいますから。

今回は、ちょっと人には聞きづらいかもしれない料理の基本について紹介したいと思います!

それは「大さじ」「小さじ」の一杯は何mlか?

何gなのか?について紹介します。

料理が全くの初心者!という人はここから勉強してみませんか?

スポンサーリンク

大さじ・小さじ1杯は何mlでしょうか?

料理初心者の人がさあ、料理を作ろう!とレシピを見てみると「大さじ 1」だったり「小さじ 2」と書いてあったりします。

ここからもうどのくらの量か分からない!パニック!となってしまう人もいるでしょう。

基本中の基本をチェックしておきましょう。

「大さじ 1」→15ml

「小さじ 1」→5ml

これが、2杯だったり3杯になったりするというわけです。

大さじ1というのは15mlなので、小さじ3杯分になります。

なんだか算数を思い出して頭が痛くなってしまったりして(笑)

でも、これをしっかり覚えておけばレシピを見てもパニックにならずに済みます。

計量スプーンがあれば、小さじと大さじがあるのでそれに何杯分かというのが簡単にはかれるようになります。

最近では計量カップに大さじ1の分はここまで!と分かるようなものまで売っています。

そういうものを使うのもいいですね。

 

計量スプーンが無い時は…

料理を全くしない一人暮らしの人の家には、計量スプーンがあるはずもない。

そんな時、計量スプーンの変わりになるものがあります。

 

「ペットボトルのふた」です!

 

ペットボトルのふたに2杯分が大さじ1とほぼ同じ量になるんですよー!

ペットボトルならだいたいの家に一本はありそうなので、計量スプーンの変わりに使えそうですよね。

料理をする!と決めたら、計量スプーンか計量カップくらいは買い揃えてほしいところではありますが…。

 

大さじ・小さじ1杯の重さは何gなのか?

料理のレシピにはgで書かれているものもあります。

そうなると、また料理初心者をパニックに落として入れてしまうかもしれないのでgもチェックしておきましょう。

と、本題に入る前に…大さじ1は15ml、小さじ1は5mlというのは体積の場合になります。

gがどのくらいかというのは、素材ごとで違ってきてしまいます。

mlやCCは液体の単位で使うものですね。

料理の中でいう液体となると牛乳とか水などに使えます。

となるとそれいがいの素材については、mlやCCであらわすことは難しいのです。

 

具体的に見て見ますと、

「水・酢・酒などの液体 ⇒ 小さじ1=5g、大さじ1=15g」

液体は覚えやすいですねー、mlの数値と同じになります。

 

ではそうはいかないものの一部を見ていきましょう。

料理で基本的に使うものを紹介しておきます。

 

「醤油・みりん・みそ・塩 ⇒ 小さじ1=6g、大さじ1=18g」

「グラニュー糖・油・バター ⇒ 小さじ1=4g、大さじ1=12g」

「小麦粉 ⇒ 小さじ1=3g、大さじ1=9g」

 

このようにちょっと覚えにくい数字が並んでしまうことになります。

でも、このことを知っているほうがこれから料理をする始める時にかなり役にたちそうですよね。

細かいー面倒くさい!って思いましたか?

計って材料を揃えることで、美味しい料理を作る一歩になりますよ!

数字をたくさん見ていると数学みたいで、辛い??

そんなこと言わずに、楽しく美味しい料理を作るためにもチェックしておいてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

料理が全くの初心者の人にとっては、分からないけれど今さら人に聞きづらいかもしれないことについて紹介しました。

「大さじ1」「小さじ1」は料理の基本です。

この記事をきっかけに覚えておいてほしいと思います。

また、大さじ1をgで考えるときには素材によって違うということも覚えておくといいです。

美味しい料理を作るためにも、多少面倒くさい情報もしっかりチェックしておくほうが良さそうですよね!

生活
スポンサーリンク
uenoをフォローする
生き生き市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました