ひじきの煮物の保存期間と正しい保存方法!日持ちはどのくらい!?

スポンサーリンク

ひじきの煮物を作り置きして保存しておきたい時、どのくらい期間日持ちするのか?

とても気になるところです。

ここでは、ひじきの煮物が、常温や冷蔵でどのくらい日持ちするのか?

また、正しい保存方法について紹介していきます。

お役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

ひじきの煮物の保存期間は?

近年では共働きの家庭が増え、日々の食事を作るのもかなり大変な作業になる為、作り置きのおかずを休みの日に作っておくという家庭も多いことでしょう。

作り置きできるおかずの一つにひじき煮物が挙げられますが、常温ではどれくらいの期間保存できるのか、また正しい保存方法などについてしっかりと把握しておくことが大切です。

ひじき煮物を常温で保管する場合

まず最初にひじき煮物を常温で保管する場合には、どれくらいの濃さなのか、また住んでいる環境や季節により大きく異なります。

基本的には常温は出来る限り避けるようにしましょう。

特に梅雨時期や気温の高い時期は常温で置いておくと半日もしないうちに腐ってしまうことも考えられます。

冬場でも暖房をつけていて部屋が暖かい状態であれば、常温では置いておけません。

常温での保存はあまり日持ちしないので、作り置きしたい場合は冷蔵か冷凍で保存しましょう。

ひじきの煮物を冷蔵で保存した場合

ひじきの煮物を冷蔵で保存したときは、

3から4日程度が目安となり、

味付けにより一週間程度日持ちすることも考えられます。

しかし冷蔵はそれほど日持ちしないので、たくさん作った場合には冷凍保存がおすすめです。

スポンサーリンク

ひじき煮物の正しい保存方法

ひじき煮物の保存方法は、冷蔵することが大切です。

 

粗熱を取って器に入れてラップをする方法でも良いですが、できればタッパーなどに入れて密封させた状態が良いでしょう。

 

ひじきの煮物を冷凍保存する場合のおすすめは、そのまま冷凍するのではなく小分けにして冷凍した方が、小出しができ一品足りない時の付け合わせとして献立ができるのでとても便利です。

そのやり方は、ラップに一回分程度を包み、フリーザーバッグなどに入れて平らになるようにして包みましょう。

また、小分けしてラップに包みタッパーに入れて保存することも可能です。

 

お弁当などに入れる予定があるのならば、最初からアルミカップや紙カップなどに入れて冷凍する方法も簡単です。

しかしアルミカップにしてしまうと電子レンジで温めることができなくなってしまうので、冷凍しされた状態でお弁当に入れるのが良いでしょう。

夏の時期にであれば、保冷剤の代わりにもなります。

 

冷凍保存の場合の注意点は、こんにゃくが入っていると冷凍を解凍した時にゴムのような食感になってしまうので、こんにゃくを除いて冷凍した方が良いでしょう。

解凍の際は、出来る限り水分を取り炒めた方がより美味しくなります。

スポンサーリンク

まとめ

ひじきの煮物の保存期間は、常温で1日も日持ちしない場合もあります。

保存のおすすめは、冷蔵か冷凍ですが、冷蔵の場合でも3~4日が目安となります。

ひじきの煮物の保存方法は、小分けにしてラップに包みフリーザーパックに入れて冷凍保存する方法がおすすめです。

また、小分けにしておけば、献立の付け合わせにも使えるので便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました