らっきょうの保存期間と保存方法!賞味期限はいつまで!?

スポンサーリンク

らっきょうは漬ければ漬けるほど美味しくなるイメージがありますが、どのくらい賞味期限なのか、適切な保存期間がどのくらいなのかを紹介いたします。

また正しい保存方法についても紹介いたします。

らっきょうの日持ちや保存方法で、少しでもお役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

らっきょうの保存期間!日持ちはいつまで?

らっきょうも漬物の一種なので、中まで味が染み渡るまでは時間が掛かります。

一般的には冷蔵庫で保存するので、冷蔵保存した場合の数字になります。

らっきょうの冷蔵保存での日持ちは大体1年と言われてます。

これは常に冷蔵保存した環境での数字なので、常温に放置したりするとこの期間よりも短くなることもあります。

食べないときは必ず冷蔵庫に入れて、常温で放置する時間を短くするのもポイントです。

夏場は半日くらい放置するだけで傷んでしまうこともあるので、温度管理は徹底しなければいけません。

スポンサーリンク

らっきょうの正しい保存方法と賞味期限

保存方法は蓋ができる密封度が高い容器に入れるのがおすすめです。

瓶やタッパーなどが理想ですが、ない場合はペットボトルなどで代用することも可能です。

空気に触れないことが大事なので、必ず密閉状態を作れるものを使います。

市販のものであれば開封したらなるべく早く使い切るのがお勧めです。

市販のらっきょうの賞味期限は未開封の状態での数字なので、市販のらっきょうを開封したら1週間以内に食べるのが美味しい食べ方です。

手作りの場合は味が染み渡るまで時間が掛かるので、その時間を差し引いて考える必要があります。

手作りのラッキョウの場合は、大体10日から20日ほど漬けた後から1年くらいが賞味期限になります。

手作りする時はしっかり準備を整えて手順を守るようにします。

手作りでも正しくらっきょうを管理すれば長く美味しい状態が維持できるので、失敗したくない場合は密閉度が高い清潔な容器を使い、温度管理を徹底します。

全てが完璧な状態で1年くらいの賞味期限になるので、手順や環境によっては半年くらいでピークを過ぎることもあります。

ピークを過ぎると美味しくないですし、健康を害するリスクもあるので要注意です。

賞味期限が気になる人はらっきょう残しで定期的に保存液を交換すると良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました