プロテインはどこで買う?売っている場所!選び方のポイントとは?

スポンサーリンク

プロテインはどこで買うのか?

プロテインが売っている場所やどこが安いのかについて紹介しています。

またプロテインもたくさん販売されているので、プロテインの種類や選び方などについても紹介していきます。

さらには、どれくらい飲むのか、1ヶ月の消費量、飲むタイミング、シェイカーや保存容器まで気になる情報をまとめています。

プロテインを買う参考にしていただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク

プロテインはどこで買う?

アクティブに身体を動かしている方はもちろん、今日では栄養補給を目的にプロテインを摂取している方も多いですが、購入する際には希望しているタイプによって購入する場所を選定しましょう。

【プロテインのタイプ別】

・粉末タイプ

・ゼリーやバータイプ

・ドリンクタイプ

プロテインの代名詞的な存在である粉末タイプを希望しているもののどこで買うのかわからない方は、スポーツ用品店やドラッグストア、スーパーマーケット、ドン・キホーテなどで買い求められますし、楽天市場やAmazonなどのオンラインストアでも購入可能である事を覚えておくと良いです。

 

また、小腹が空いた時に気軽に食べられる上におやつのような満足感も得られるのがプロテインバーもしくはゼリーであり、プロテインバーもしくはゼリーのタイプを購入したい方も同様にスポーツ用品店やドラッグストアなどで買い求められますが、プロテインバーもしくはゼリーでの事例ではコンビニも選択肢に入れられます。

同様に買い求められる場所が広い物として挙げられるのがドリンクタイプで、ドリンクタイプもスポーツ用品店の他にスーパーマーケットやコンビニでも購入可能なので、普段の買い物をしつつプロテインも合わせて購入しやすいです。

そして、全てのタイプに共通しているのは突出して多くの種類から選べるのがオンラインストアなので、豊富な種類の中から選びたい時はオンラインストアを利用するのもオススメです。

スポンサーリンク

プロテインの売っている場所はどこ?

プロテインを身近で購入したいと思うのならば、大型スポーツ店やドラッグストアやドン・キホーテをチェックしてみるのがいいかもしれません。

とくにチェーン展開しているドラッグストアには複数のメーカーのアイテムがある場合があり、値段を比較しながら自分にマッチした製品を選ぶことが出来ます。

プロテインは種類によってホエイプロテインとカゼインプロテイン、そして大豆に含まれるソイプロテインで大別されます。

前者二つは牛乳から成分を抽出したたんぱく質成分が主体であり、後者は大豆や豆などからたんぱく質を抽出して主成分としているのです。

売っている製品の価格はメーカーごとにもことなりますし、こうして成分を比較してみると若干の値段の違いがあります。

体質によって合うものと合わないものがあるので、好みに応じて選ぶことがいいかもしれません。

プロテインの売っている場所は実店舗だけではなく、インターネットショップでも購入することが出来ます。

スポーツ用品店のECサイトやボディービルジムのネットショップ、海外通販などで輸入することも出来るので、評判と価格やレビューを参考にして選ぶといいでしょう。

海外はフィットネス産業が盛んなため、日本よりも良質な製品が安く販売されていることもあります。

スポンサーリンク

プロテインはどこが安い?

良質なタンパク質を摂取するために、毎日プロテインを飲むことを日課にしている人も多いことでしょう。

毎日飲むとなると大量に消費することになります。

国内のプロテインを選ぶと、単価も非常に高いものがほとんどです。

どこが安いのかと気になるようであれば、インターネットで検索して海外製のプロテインを買ったほうが安く済ませることができます。

味に関して心配になる人もいるかもしれませんが、近年では美味しいものが非常に多くなっています。

安く手に入れるためにも、必要な量をよく考えて業者を選ぶ、セールなどの時期を見極めることが重要です。

インターネットで購入する際の一つの手段になるのが、1PROTEINと呼ばれるサイトです。

時期を選ぶことなく、いつでも安く購入することができます。

LANと呼ばれる日本ボディビルフィットネス連盟の公式サポーターが運営しているのが特徴です。

公式Twitterアカウントもあり、購入した人が商品のレビューをしているのも参考にすることができるため、安心して購入することができるでしょう。

しかし輸入であることから、為替により金額が上下することがあります。

また、まとめ買いを行うことも必須と言えるでしょう。

同じ種類でも味が異なるものは頼むことはできません。

そのためお気に入りの種類や味を把握した上で、まとめ買いをする際には利用したいサイトと言えます。

さらに、ネット通販であれば、Amazonの定期おトク便を使って、定期的に購入する物とあわせてプロテインを購入したら10%~15%の割引きなることもあります。

アマゾンで安く買いたい人は、定期おトク便をチェックしてみてください。

また、楽天市場では、定期的にセールを行っていたり、ポイントが倍などの特典もあったりするので、プロテインを定期的に購入していくなら楽天市場もおすすめです。

スポンサーリンク

失敗しないプロテインの選び方

プロテインはたんぱく質の事を指す言葉なので、摂取する時には摂取する目的を明瞭化させた上でプロテインの中で自身の目的に合っているタイプを選ぶ必要があります。

そのようなプロテインは大きく分けてホエイもしくはカゼインに分類できます。

ホエイはヨーグルトの表面などに見られる液体の事であり、筋肉になるたんぱく質を豊富に含んでいるのに加えて筋肉が分解しにくくなる成分も含んでいるので、筋トレに励んで筋肥大をさせたい方に適しています。

カゼインはホットミルクの表面上に発生する膜の事であり、じっくりと身体の中に吸収されていく様子から、ゆっくりと体全体のシルエットを変化させていきたい時に優れています。

また、プロテインは粉末のイメージが強く持たれているものの、今日では従来の粉末タイプの他にゼリータイプやバータイプも選べます。

ゼリータイプもしくはバータイプであれば、できるだけ手軽に摂取したいと考えていたり、同時に空腹感も解消したい方のプロテイン選びに最適になります。

ゼリータイプもしくはバータイプは粉末を水などに溶かす作業が不要ですし、咀嚼したりゼリー状のプロテインを飲み込む事ができて満腹感が得やすいです。

そして、味もプロテインを選ぶ時のポイントになります。

粉末タイプもコーヒー味やココア味などの風味があったりするので、味を楽しみつつプロテインならではの栄養補給ができます。

女性におすすめのプロテイン

ビタミンB群やHMBやアルギニンやBCAAやカプサイシンやカフェインやショウガオールやカルニチンなど、肉体改造やシェイプアップや体質改善などの身体づくりに欠かせない栄養成分には様々なものがありますが、タンパク質もその代表的なものです。

タンパク質は筋肉の材料となる栄養素ですので、筋トレとの相性が抜群です。

一昔前だと筋トレはムキムキの男性がするものというイメージが強めでしたが、健康志向の高まりにより今は筋トレに励む女性が急増しています。

タンパク質は肉や魚や卵などの食べ物に含まれていますが、手っ取り早く効率良く摂取したい場合はタンパク質が凝縮されたプロテインを用いるのがベストです。

筋トレ後にプロテインを飲むと、筋肉の合成が促進されて効率的な身体作りが叶います。

プロテインと言えばホエイやカゼインが主流ですが、女性におすすめなのはソイプロテインです。

ソイプロテインはその名の通り大豆が原料であり、大豆イソフラボンなど女性に嬉しい成分も同時に摂取することが出来て一石二鳥です。

大豆イソフラボンは卵胞ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分であり、生理前のPMSや生理不順や生理痛を改善させる効果が期待できます。

ダイエットにおすすめのプロテイン

フォームローラーで筋膜リリースをしたりアミノ酸サプリで筋肉分解を抑制したりウォーミングアップとクールダウンのためのストレッチで筋肉痛を防いだりなど、筋トレの質を向上させるために行うべきことはいくつかありますが、トレーニング後にプロテインを飲むというのもそのひとつです。

タンパク質の塊であるプロテインを飲んでインナーケアをすると、筋肉合成が促されて効率良く筋肉量を増やすことが出来ます。

筋肉増強と肉体改造が目的ならホエイプロテインが適していますが、ダイエット目的で飲むならソイプロテインがおすすめです。

乳製品が原料のホエイプロテインは吸収がスピーディーですが、大豆が原料のソイプロテインは吸収がゆっくりで腹持ちが良いです。

ダイエット時の空腹感が抑えられ、食事制限のサポートをしてくれます。

体重を増やしながらムキムキの体にしたい男性は吸収が良いホエイ、シェイプアップや体質改善効果を狙う女性はソイという選び方が一般的です。

ソイプロテインと言うと豆乳のような味や香りを想像するかもしれませんが、大豆特有の独特の青臭さなどは一切無く豆乳とは似て非なるものです。

豆が苦手な方でも無理なく飲み続けることが出来ます。

男性におすすめのプロテイン

プロテインにはいろいろな種類がありますから目的や年齢に応じて選択しなければいけません。

男性は特に筋肉が女性よりも多いのでその分たくさんのプロテインを必要とします。

プロテインの原材料には動物性のものと植物性のものがあります。

男性がプロテインを摂取する目的の1つは筋肉をつけることです。

体重を増やしながらムキムキの体にしたい男性は、吸収が良いホエイプロテインがおすすめです。

さらに含有量が製品によって異なるので成分表示をよく見て選びましょう。

他にもビタミンが加えられているものがありますので、必要な栄養素が入ってるかどうかを確認しましょう。

飲むタイミングも非常に大切です。

トレーニングを行う前にに取り入れるならより一層吸収することができます。

自分の好みの選んだ方が飲むのがくになりません。

糖分が多すぎると太ってしまうこともあるので注意します。

もちろんプロテインだけでは理想的な体型にはなりません。

食事や睡眠にも十分な注意を払います。

卵や鶏肉さらには赤身のお肉も筋肉作りには欠かせません。

炭水化物も適切な量を摂取することでエネルギーの元になります。

激しいトレーニング続ける人はしっかり食事をとります。

筋トレにおすすめのプロテイン

筋トレをしている人にとって、筋肉の成長に欠かすことができないものがたんぱく質です。

とは言え食品だけで必要な量を全て摂取するのはかなり難しいことです。

このような時に便利に利用できるものがプロテインで、筋トレをしている人がプロテインを飲むのであれば、それに見合った最適なものを選ぶことが求められます。

筋トレにおすすめのプロテインの一つ目には、グロングホエイプロテイン100スタンダードが挙げられます。

100gあたり75g以上のタンパク質含有率で、11種類のビタミンも配合されています。

食事からの摂取ではたんぱく質やビタミンも不足してしまうという人にはぴったりと言えるでしょう。

そして二つ目はザバスホエイプロテイン100です。

100%ホエイプロテイン配合で、トレーニングやスポーツの後のコンディションを維持したいという人には特におすすめと言えるでしょう。

粉末が溶けやすくできているため、シェイカーを持っていなくてもコップなどでも作れて非常に便利です。

そして三つめにはDNSのプロテインホエイ100が挙げられます。

水でおいしく飲めることにこだわった商品であり、このことから余計なカロリーを摂取せずに済みます。

フレーバーが豊富なのが魅力の一つで、チョコやバナナ味以外にも、レモンやマンゴーなどの風味もあります。

その時の気分で味を変えることが可能です。

スポンサーリンク

プロテインを飲むメリットは?

プロテインは英語でタンパク質を意味する言葉ですが、現在ではパウダーとして広く認識されていると言えるでしょう。

水や牛乳などでといて飲むのが一般的なものであり、人間の体に必要となる栄養素の一つタンパク質を、効率よく摂取できるものとして広く親しまれていると言えるでしょう。

このようなプロテインを飲むことのメリットとしては、必要なたんぱく質を必要な時に簡単に摂取できる点が挙げられます。

パウダーを溶かすだけで摂取することができるので、朝ごはんの時に牛乳に溶いて飲むというように習慣づけることも可能です。

中には元からドリンクになっているドリンクタイプのものもあり、このようなものを選べば飲むだけで済みます。

スナックタイプであれば、袋から取り出しおやつを食べる感覚ですぐに食べられます。

カロリーや脂質を抑えやすいこともメリットと言えるでしょう。

タンパク質を食事から摂取するとなると、肉や魚、乳製品や卵などを摂取することになり、必要量を摂取しようとなると、カロリーが気になります。

しかしパウダーであれば、カロリーを抑えながらも、効率よくタンパク質を摂取することができます。

そして体に吸収しやすい形で商品化されていることも大きなメリットと言えるでしょう。

どうすれば体に吸収しやすくなるかを企業がよく考えた上で作っているので、効率の良い摂取が可能です。

スポンサーリンク

プロテインの種類は?

一言でプロテインと言っても3つに分類されており、各々で有している特徴や体内での働きに差異があるため、個々の目的に応じて適するタイプを選ぶのが大切です。

ホエイプロテインはカロリーが低いのにも関わらず潤沢に栄養を含んでいるのが特徴であり、尚且つ体内に摂取した際には速やかに吸収されるのも強みです。

そのため、運動をした後に不足しやすいタンパク質を迅速に吸収する時頼もしい存在になってくれますし、ゼリータイプで販売されている製品も豊富なので、溶かす必要が無いですし小腹を満たす事もできます。

カゼインプロテインは、ヨーグルトまたはチーズなどを固める際に用いる成分が含有されているので、体内に摂取された時にも同様にゆっくりと吸収されていきます。

そのような特徴から就寝前に摂取しておくと就寝時にゆっくりと吸収していく上に、メリハリが感じられる身体のシルエットを作りたい時にも適しています。

カゼインプロテインは、粉末タイプが多いのですが、同じく粉末タイプが多い種類としてはソイプロテインも存在し、名称からもわかるように大豆が原料です。

ゆっくりと吸収されていく様子も共通しているのに加え、腹持ちが良い様子から空腹感を我慢せずにダイエットしていきたい時に重宝する種類です。

スポンサーリンク

プロテインを選ぶ基準は?

プロテインを選ぶ基準は人によって異なりますが、基本的にはホエイやカゼイン、大豆といった原料の違いや、メーカーの信頼性と価格などの要素が加わります。

原料は特に、目的に合わせて選ぶことが大切ですから、最初に確認して購入を検討する候補を絞り込むことをおすすめします。

ホエイプロテインとカゼインプロテインは筋肥大、つまり筋トレのお供に適しています。

前者はタンパク質を構成するアミノ酸の吸収効率が良いので、性能的には後者を上回ります。

その後者は緩やかに吸収される性質があるので、少しずつタンパク質を摂取したい筋トレ中上級者に最適です。

大豆プロテインは筋肥大よりも脂肪燃焼やダイエット向きですから、筋トレをする人は対象外です。

このように、原料だけでも基準が分かると選びやすくなりますし、初心者でも間違わずに選択できるはずです。

メーカーは迷ったらとりあえず大手を選ぶのが無難で、後は内容量と価格を見て、安いものを購入すればOKです。

ただし、プロテインは味がメーカーによってかなり異なりますし、好みに合わないと続けるのが難しいです。

その為まずは小容量をお試しで購入して、味が好みに合うか、長く続けられそうか確認するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

プロテインを飲むベストなタイミングは?

プロテインを飲むベストなタイミングは、「運動してから45分以内」です。

この時間帯は、プロテイン摂取のゴールデンタイムとも言われています。

そのように呼ばれている背景には、激しく活動した筋肉は運動後栄養補給と回復をすぐに開始するため、そこでプロテインを体に補充すると効率的に栄養を補給することができるためです。

その状態は運動後常に続くものの、特に45分以内は筋肉に送られるアミン酸が3倍までアップします。

そのため、運動後45分以内のプロテイン摂取を心がけましょう。

また、筋肉を酷使するトレーニングをした後に体が欲している栄養素を十分補充できないと、かえって筋肉が減る事態が起きてしまうことがあります。

そのような事態を避けるためには、運動直後にしっかりとプロテインを摂ることが欠かせません。

なお、運動直後が最も良いプロテインを飲むタイミングではありますが、運動しない日に飲む場合は「就寝前」に飲むのがおすすめです。

これは、人は眠っている間に絶えず筋肉の成長に欠かせない成長ホルモンを分泌し続けているためです。

ただ、就寝直前の摂取は胃に負担をかけてしまうかもしれません。

就寝する30分から1時間前の摂取を心がけましょう。

スポンサーリンク

プロテインは、どれくらい飲む?

プロテインを飲む場合に、誰もが一度はどれくらいが適量かと考えるのではないでしょうか。

一般的に言われているのは、体重x1gが1日に摂取すべきタンパク質の量で、プロテインは不足を補うように飲むということです。

女性は男性よりも体が小さく筋肉量も少ないので、同じ体重でも男性より少なめに飲みます。

この計算式は簡単ですし、自分の体重さえ分かれば、後は不足するタンパク質量を算出するだけですから、基本的には体重x1gを目安にするのが良いでしょう。

ただし、体重x1gというのは純粋なタンパク質の場合なので、プロテインでタンパク質を補うなら純度を考慮して計算する必要があります。

より正確にはプロテインの成分表を確認して、タンパク質の項目から飲む量を割り出すのがベストです。

ちなみに体重x1gは特に運動をしていない人の計算式ですから、筋トレをするなら倍の2gを体重に当てはめて計算しましょう。

体重x2gは筋トレなどの運動をしている人向けの計算式で、これを限度にプロテインをどれくらい飲むか決めます。

結局のところ、プロテインの適量は食事によるタンパク質の摂取量によります。

また、プロテインを大量に摂取しても吸収できる量には限りがありますから、内臓に掛かる負担も考えて1回あたり30gくらいにしておくのが無難です。

スポンサーリンク

プロテインの1 ヶ月の消費量はどのくらい?

プロテインをこれから飲もうと考えている人やすでに飲んでいる人は、1ヵ月の消費量の目安を知っておいた方が良いかもしれません。

これを知ることで、自分もまずは平均的な使用量にすることができます。

1ヶ月の平均的な消費量が分からなければ、飲んでいる量が少ないことに気がつかない可能性が出てくるかもしれません。

逆に、あまりにも多くプロテインを飲みすぎている可能性があることに気がつかないこともあるでしょう。

前者の場合には、努力に比例して筋肉がつかない可能性があるため、一般的な消費量を調べて飲む量を増やすべきです。

これに対して飲みすぎている人は、身体のバランスを崩してしまう可能性があるため、まずは平均的な量に戻すのが良いです。

たくさんタンパク質をとれば筋肉が特別に増えるわけではなく、身体に大きな負荷をかけてしまう可能性があります。

一般的な目安としては、1ヵ月当たりの消費量は1キログラム程度となります。

よく市販で売られている1キログラムのプロテインはおおむね1ヵ月分の量と考えた方が良いでしょう。

つまり、購入する場合には毎月定期購入をする形で消費をしていけば、飲み過ぎることも逆に少な過ぎることもありえなくされるため便利です。

スポンサーリンク

プロテインのシェイカーの代用はどんなのがあるのか?

プロテインシェイカーは、たとえ専用の容器がなくても、十分に代用することが可能です。

代用品と聞くと、使いにくい、本物には劣るというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、しっかりと選べば心配はありません。

むしろ専用のプロテインシェイカーにはないようなメリットもあるため、上手に活用していくことが求められます。

プロテインシェイカーの代用におすすめのものとして、まず第一にプラスチックタンブラーを使う方法が挙げられます。

カフェやスムージーなどに使っているプラスチックタンブラーを使ってみましょう。

おしゃれなデザインで女性向けが多いのが特徴であり、特に女子力が高い人にはお勧めです。

そしてとにかく費用を抑えたいと言うのであれば、ペットボトルを使う方法もあげられます。

ジュースなどの飲み終わったペットボトルを洗って使います。

ペットボトルでシェイクをすると、パウダーがダマにならずによく混ざることがメリットです。

カバンにも入れやすく、手持ちのペットボトルホルダーを使うことも可能です。

しかし一度使った後に洗うのが大変なので、数回使った後に捨てると考えておくとよいでしょう。

その他にも100円均一のお店で購入することができるマルチシェイカーを購入するのも一つの手段です。

スポンサーリンク

プロテインの保存容器はどんなのがあるのか?

今や筋トレやダイエットに欠かせないものとなったプロテインは、正しく保存しないとダニやカビが発生する恐れがあります。

基本的にプロテインの袋はジッパー付きとなっていますが、袋のままで保存していると内部に湿気が溜まりダニやカビが発生したり、品質が劣化したりする恐れがあります。

そのため、開封後は袋のままではなく、保存容器に入れて保存するのがおすすめです。

また、一口に保存容器と言っても様々なものがありますが、プロテインを保存する場合は密閉できるものであればどのようなタイプの容器でも問題ありません。

例えば、米びつやパスタ用の容器、調味料用の容器などでも、密閉性が高ければプロテインの保存容器として利用できます。

近年では、100均や雑貨屋さんなどでも様々な形状、サイズの容器が売られているので、自分好みの容器を選ぶと良いでしょう。

ただし、容器のサイズに関しては注意が必要です。

基本的にプロテイン1kgあたりに必要な容量は約2.5Lとなっているので、使用しているプロテインの量に合ったサイズの容器を選択しましょう。

また、ジムや旅行先などでプロテインを飲むことがある方の場合は、小分けにできる容器も用意しておくと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました