家庭用シュレッダー(アイリスオーヤマP5GCX)口コミ評価!使ってみた感想!

スポンサーリンク

アイリスオーヤマの家庭用シュレッダーを実際に使ってみた人の口コミ評価レビューを紹介いたします。

アイリスオーヤマのシュレッダー(P5GCX)の使い方やお手入れのしやすさや電気代など、実際に使ってみた感想となります。

この記事がお役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

家庭用シュレッダー(アイリスオーヤマP5GCX)

 

家庭用シュレッダーのレビューをいただいたのは

20代後半の女性(専業主婦)の方です。

家庭用シュレッダーの仕様

長方形で,コンパクトサイズです。幅310mm,奥行き190mm,高さ300mです。
重さは3.0kgと軽いので,持ち運びも簡単です。
主要素材はABS樹脂、ポリプロピレン、スチロール樹脂、スチールで,紙屑収納部分は大変軽くなっています。
投入幅は約220mm,細断仕様サイズは4×40mmのクロスカットです。

家庭用シュレッダーの特長

家庭用のシュレッダーでコンパクトサイズです。
ダストボックスの容量は約8.7Lで,A4コピー用紙65枚分です。
一度に細断できるのは,A45枚までで,最長2分連続使用可能です。
10号,11号のステープラーの針も細断可能なので,針を外す面倒な作業をしなくて済みます。
カッターが装着されている蓋を外すだけで、簡単に紙屑を片付けられます。

家庭用シュレッダーを使ってみた感想

自動細断モードを使用すると、投入口に細断したい紙を近づけるだけで、自動センサーが反応して細断してくれます。
一度に細断できるのは、A4で5枚までなので、厚さに気を付けて細断します。
ダストボックスがいっぱいになると細断できなくなるので、溜まった紙屑を取り除きます。
その際、カッターが作動してしまうと危険なので、電源を切ってから、紙屑の処理を行います。ステープラーの針を外さなくて良い点がとても便利だと感じました。一度に5枚までしか細断できないので、少し時間がかかってしまいますが、家庭用なのでそれでも問題ありません。細断仕様サイズもやや粗目なところが気になりますが、個人情報が見えない程度には細断できるので、十分活用できています。ダストボックスの底に指を入れる穴があり、ボックスを容易にひっくり返すことができる点は、とても便利です。
最長連続使用時間が2分と短めなので、多量の資料を処理したいときは、途中で細断作業を休憩する必要があるのは少し残念です。

お手入れのしやすさなどのメンテナンス

カッターが装着されている蓋を持ちあげたら、ダストボックスの中身を出すだけなので、簡単に手入れできます。ダストボックスは紙屑ですぐに汚れてしまいますが、プラスチックのボックスなので、拭き掃除をすれば綺麗になります。
メンテナンスは今のところ必要性を感じないので、行っておりません。面倒なメンテナンスは必要ないようです。

家庭用シュレッダーの電気代

具体的に電気代を計算したわけではないですが、長時間頻繁に使用するものでもないので、特に気にしていません。
長くても一度に2分しか使用できないことから考えても、電気代はかからないと思います。
手動のものよりは当然電気代がかかりますが、その分細断の手間は省けるので、多少電気代がかかっても仕方ないと思っています。

 

↓在庫の確認はコチラへ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました