【P6HCS-Wレビュー】アイリスオーヤマのシュレッダーの口コミ

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのシュレッダーP6HCS-Wを実際に使ってみた人の口コミ評価レビューを紹介いたします。

アイリスオーヤマのシュレッダー(P6HCS-W)の使い方やお手入れのしやすさや電気代など、実際に使ってみた感想となります。

この記事がお役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのシュレッダーの口コミ【P6HCS-Wレビュー】

アイリスオーヤマのシュレッダーP6HCS-Wのレビューをいただいたのは

40代後半の主婦(パート)の方です。

【P6HCS-Wレビュー】アイリスオーヤマのシュレッダーの口コミ評価

シュレッダーの電源を入れて自動スイッチモードにするだけで、とても簡単に誰でも無理なく使えるところが一番のオススメです。
使い方がシンプルで、上部のスイッチ部分に機能の名前が書いてあるので、迷うことなく使用することができます。
もし、紙がつまってしまったときは、逆転モードを選び、押し戻された紙を取り除く手順が簡単です。
アイリスオーヤマのシュレッダーには安全装置がついているので、使いすぎによる過熱防止になります。
コンパクトタイプで置き場所には困らないですが、チカラのない方や子供が持つには少し重量があるので、移動したいときは大人の力に手伝ってもらう方が安全かもしれません。

P6HCS-Wのお手入れやメンテナンス

シュレッダーにたまった紙くずは引き出しを出してそのまま捨てるだけ、気になるものは乾いた布などで、ふいてお手入れをします。
汚れが気になる場合には、説明書にかいてあるとおり、水でぬらして固く絞った柔らかい布で、拭いたり、汚れが落ちにくいときは、薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いたあと、固く絞った布で拭くだけです。
紙クズなので、頻繁に汚れることはないです。

アイリスオーヤマのシュレッダーP6HCS-Wの電気代

アイリスオオヤマパーソナルシュレッダーP6HCS-Wの消費電力は90Wとなっており、電力単価が27円として計算をしてみると、1時間に1~2.5円の計算になります。
しかし、このシュレッダーは、連続使用時間か10分と決まっているため、時間単位で使用する家電ではないので、電気代は他の家電製品と比べてもかなり安いです。

アイリスオーヤマのシュレッダーP6HCS-Wの使い方

アイリスオーヤマのシュレッダーの電源を入れたらレバーを自動にあわせるだけで操作は簡単です。
住所や名前が書かれたダイレクトメールや不要になった書類などが、即座に細断することができ情報漏洩防止に役立っています。
紙くずは、横の小窓から確認することができて、たまったことが一目でわかるので捨てるタイミングがわかりやすく便利です。
使い終わったら停止位置に戻すだけです。

アイリスオーヤマのシュレッダーP6HCS-Wの特長

アイリスオーヤマのシュレッダーは、縦置きのスリム型なので、置き場所に悩みません。
静音タイプなので、音を気にすることなく夜間の作業もスムーズに行うことができます。
一度にA4の紙を6枚も投入し、細断することができるので、早く処理することができるところが便利です。
CDやDVDカードも細断することができます。
10分間連続使用することができ効率がいいです。

アイリスオーヤマのシュレッダーP6HCS-Wの仕様

四角いフォルムの形は、オシャレで室内のどの空間にもあうと思います。
コンパクトで、縦置きなので狭い場所にも置くことができます。
上部にスイッチと投入口、全面にダストボックスのシンプルな作りで、子供でも迷うことなくスムーズに作業することができます。
ダストボックス容量が約7.5LとなっていてA4コピー用紙60枚まで大丈夫とのことです。
紙くずがいっぱいになる様子は横の窓から見えるのでとても便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました