ペルセウス座流星群2020が見える方角やピークの時間は!?

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群は、3大流星群の一つです。

2020年も8月12~13日を中心に夏の夜空にペルセウス座流星群を見ることができます。

ペルセウス座流星群の見える方角やピークの時間帯などについて紹介していきます。

夏の夜空の流星群を楽しむためにお役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020の見える方角

ペルセウス座流星群は、今年も8月12~13日を中心に、夜空のまんべんなく見られるようです。

方角でいうと、北東の空を中心に広く空を見ると良いと思います。

月は東から上ってきますので、月明かりが、まぶしいときは、西の方の空を見ると良いようです。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020のピークの時間帯

2020年のペルセウス座流星群は、8月12日から13日を中心に活発な動きが見られるようです。

「極大時刻」は、8月12日の22時ごろと予想されています。

したがって、、ペルセウス座流星群のピークの時間帯は、12日深夜~13日未明となっています。

ピークの時間帯は、夜空を見上げてみましょう!!

この時間帯が、一番の観察チャンスですが、前後の11日深夜や13日深夜にも、数は少なくなるかもしれませんが見ることができます。

今年に限っていえば,ピークの次の晩(13日深夜)よりは,ピークの前の晩(11日深夜)の方が条件が良さそうです。

したがって、おすすめの順番は、ピークの12日深夜、そして次に11日深夜、3番目に13日深夜となっています。

天候が悪くてもあきらめないでくださいね!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020はどのくらい見える?

ペルセウス座流星群は、見ごろのピークの時間帯の12日深夜から13日未明には、1時間に30個ぐらいの流れ星が飛ぶのではないかと期待されています。

空の条件が良ければ、ペルセウス座流星群が見られるでしょう。

しかし、見る場所によっても流れ星の見える量が違ってきます。

街灯などの明るいところで見ると見える量が少なくなってきます。

できれば、郊外の夜空が一望できるところが良いでしょうね!

おすすめは、郊外で明かりがないところにレジャーシートを敷いて、寝っ転がって見れる場所なら、もっと良いでしょうね!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020の天気予報

12日深夜がピークですが、天候が悪くてもあきらめずに、前後の日でも夜空を見上げてみましょう。

地域名 11日 12日 13日
札幌 曇りのち雨 曇りのち雨 晴れのち曇り
新潟 晴れのち曇り 曇りのち雨 曇りのち晴れ
仙台 晴れ 曇りのち晴れ 曇りのち晴れ
東京 晴れ 晴れのち雨 曇りのち晴れ
金沢 晴れのち曇り 曇りのち雨 曇りのち晴れ
名古屋 曇りのち雨 晴れのち曇り 晴れのち曇り
大阪 晴れのち曇り 晴れのち曇り 晴れのち曇り
広島 曇りのち雨 曇りのち晴れ 晴れのち曇り
高知 雨のち曇り 晴れのち曇り 晴れのち曇り
福岡 晴れのち曇り 曇りのち雨 晴れのち曇り
沖縄 雨のち曇り 晴れのち曇り 曇りのち晴れ

参照:ウェザーニュースより

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群は写真やビデオに撮影できるのか?

ペルセウス座流星群が写真に撮れるのかどうかは、一眼レフカメラのようにシャッターを長時間開けっ放しにできる物であれば、流れ星の写真撮影も可能です。

スマホでは、流れ星を撮るのは難しいです。

しかし夜空であれば、露出補正を使って夜空を明るくして撮るとキレイにハッキリと撮ることができます。

また、ペルセウス座流星群をビデオに撮影するには、家庭用のビデオカメラでは、普通の明るさの流星はほとんど写りません。

流星を撮影するなら、高感度の特殊なビデオカメラが必要になります。

しかし、たまに流星の中には「火球」といわれるとても明るく輝くものもあるので、確率は低いですが、ビデオカメラを三脚に固定し、ピントは遠くの景色に合わせ、シャッタースピードは暗い場所での撮影モードにして待っていると、もしかして写っているかもしれませんね!?

その場合は、明るい流星があった時刻をメモしておくと後で編集もしやすくなりますよ。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2020まとめ

2020年のペルセウス座流星群は、8月12日22時頃から13日4時頃まで1時間あたり30個の流星が見られます。

流星群は、夜空全般にわたって見えるようですが、特に方角で言えば北東の空を中心に見ると良いでしょう。

夏の夜空に寝っ転がって流星群が見れると最高ですね!

夏の想い出にペルセウス座流星群を観測してみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました