スーツの衣替えはいつから!?そのままの収納や保管はキケン!?

スポンサーリンク

スーツの衣替えする時期は、いつからでしょうか?

日本には四季があり、春や秋は寒暖の差が激しく、服装に困る季節でもありますね。

社会人になりスーツを着用していると、身だしなみは重要項目です。

スーツがヨレヨレになっていたり周囲の方に失礼の無いよう十分注意しましょう。

スーツは、季節ごとに衣替えしますが、何を基準にしたらよいのでしょうか?

また、衣替え後、スーツの収納や保管はどのようにしたらよいのか?

などを紹介しています。

参考になれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

スーツの衣替えの時期はいつから?気温の目安は?

スーツの衣替えはいつから!?

学生服を着ていた時、衣替えは6月と10月だったことを覚えていますか?

最近は、5月でも気温が高い日が続いたりすることから、夏も冬も1日から衣替えではなく多少本人の感覚に任される学校も多いです。

しかし、社会人はどうなのでしょう?

日本社会では、やはり個人の感覚に任せるというのはマナー違反とされています。

暑いからと半袖 寒いから上着という寛容なものではありません。

衣替えは一般的に
夏:6月1日
冬:10月1日です。

会社で規定があればそちらを遵守し、なければその時期が衣替えの目安となります。

節電対策として衣替えを5月にしている会社もありますから、まずは会社の規定を確認してみましょう。

次に大切なことは、上司や同僚などの服装を参考にすることです。

社会人にとって協調性は必要です。

周囲の人に合わせることもマナーとして大切です。

上司がスーツを着ているならば、あなたもスーツです。

ワイシャツを半袖に変えることも周囲に着用している人が増えてからにしましょう。

近年は、クールビズを勧めている会社も多いです。

その場合はジャケットなし、ネクタイなしで構いません。

しかし、これは通勤を含めた社内で許された服装です。

今でもクールビズ対応していない会社があることを忘れずに…。

他社への訪問や取引先の方と会うときには必ずネクタイを着用して、きちんとしたスーツで伺うのがマナーです。

例え、クールビズ対応である会社でも、対応期間は会社によって違いますから十分注意しましょう。

スーツの衣替えする時期の気温の目安は?

周囲に合わせて急に服装を変えることは、準備が間に合いませんね。

そこで気温の目安を知っていると便利です。

人は多くの方が、25~27℃であると快適と感じます。

よって、25℃を目安に衣替えの準備をしていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

スーツを衣替えした場合、収納や保管はどうしたら良いの!?すぐしまったらキケン!

次に出したとき「ガーン、虫喰いが…。」なんてことがないように収納や保管にも注意が必要です。

スーツを衣替えしたらクリーニングに

見た目わからなくても皮脂汚れがついています。

皮脂汚れは虫の好物です。

虫食いの原因になりますから、必ずクリーニングに出しましょう。

通常のドライクリーニングでも構いませんが、次のシーズンまで収納する場合はウォッシャブル(水洗い加工)がおすすめです。

汗やニオイもスッキリ取れます。

クリーニング店の店員からも勧められることが多いです。

衣替えしたスーツの収納する前のポイントは?

衣替えは晴れた日に行うことが鉄則です。

雨の日などに衣替えすると、スーツなどに湿気を含みます。

これも虫食いの原因となります。

クリーニング店から持ち帰った後、袋から出すのも湿気がこもるからです。

ビニールの中は空気の循環が悪く熱や湿気がこもりやすいです。

湿気はカビの原因ですから、とにかく乾燥させることを忘れずに…!

そして、必ず、防虫剤をセットしておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

スーツの衣替えは、会社の規定をまず確認する。

規定がなければ、夏用6月 秋冬用10月を目安に、上司や同僚の服装に合わせる。

クールビズ対応の会社に勤務していても、訪問先ではネクタイ・スーツを着用する。

衣替え後は、必ずクリーニングへ出す。

クリーニング店のビニールを外してから収納する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました