シールのベタベタの取り方!プラスチックやガラスや木についたシール跡を剥がす方法

スポンサーリンク

 

子どもがいろんなところに貼ってしまうシールはもちろん、商品についている値段のシールやテープを剥がした時のベタベタに困っていませんか?

キレイにていねいに剥がしたつもりなのに、粘着のベタベタが残ってしまうことありますよね。

あれ、けっこうなストレスだと思いませんか?

特にプラスチックに貼ったシールのベタベタはキレイに跡が残らないように剥がしたいものです。

ということで今回はシールのベタベタの剥がし方について紹介します。

プラスチックの他にガラスや木に貼ったシールについてもチェックしてみましょう!

シールのベタベタの取り方!プラスチックやガラスについたシール跡を剥がす方法

プラスチックの商品はたくさん世の中にあふれています。

私たちが普段からプラスチック製品を買う機会は、多々あると思います。

プラスチック製品を使う時に、値段のシールや購入済みのシールなどは剥がして使うと思いますが…。

これがけっこうストレスになるような作業だったりして。

古いシールだと粘着のベタベタが変に残ってしまうんですよね。

これをキレイに剥がす方法をチェックして、ストレスフリーになりましょう!

 

①広範囲のものにはエタノール!

エタノールをキッチンペーパーなどにふくませて、ベタベタな部分にパッキングします。

広範囲がベタベタな場合、こすったりするのは大変な作業なのでこの方法がおすすめ!

パッキングしたらしばらく放っておけばいいだけですから。

エタノールがない!という人はアルコールスプレーがあれば使ってみてください。

エタノールが何%か含まれているので、同じ効果が期待できます。

 

②消しゴムでこする

何とかうまく剥がせてベタベタな部分は少しだけという場合は、消しゴムでこすってみましょう。

たくさんこするのは大変だけど、ちょっとくらいならこする作業も大変じゃないでしょう。

何度か消しゴムでこするとキレイになりますよ。

 

③ガムテープでペタペタ!

ガムテープを使ってベタベタ部分を取るように、繰り返しペタペタしてみましょう。

粘着を粘着で取ってしまうという方法ですが、意外とキレイになります。

窓ガラスとかはエタノールなどの液体は流れてしまうかもしれないので、この方法なら取りやすいかもしれません。

 

 

シールのベタベタの取り方!木についたシール跡を剥がす方法

木製のものについたシールのベタベタは、なかなかキレイに取れません。

プラスチックやガラスについたベタベタを取る方法でも剥がすことは出来るかもしれませんが、木製にエタノールは抵抗がある…という人もいるかもしれません。

別の方法でベタベタを取る方法をチェックしてみましょう。

 

①ハンドクリーム

木にハンドクリームを塗って大丈夫?!と思うかもしれません。

木製の製品によっては跡が残ったり、塗装に影響することもあるかもしれないので目立たないところ試すことをおすすめします。

ハンドクリームをベタベタ部分になじませるように塗ったら、しばらく放置します。

あまりに放置しすぎるのも変色したりする可能性もあるので、30分くらいまでにしてください。

しばらく放置したらティッシュやキッチンペーパーなどで、丁寧に拭き取るだけでOK!

※注意点:しっかりふき取る。おすすめはサラッとした水っぽいハンドクリーム。

 

②お酢

お酢!?とビックリするかもしれませんね。

お酢を使う場合も目立たないところで、テストしてみてからシールのベタベタ剥がしに使いましょう。

お酢をつけた布(ティッシュ、キッチンペーパー、タオルなど)でベタベタを拭き取るようにこすります。

少し押さえてお酢を浸透させるかのように拭き取るといいですよ。

お酢の臭いがするので、そのあたりは苦手な人はやりにくいかもしれませんね。

※注意点:塗装がしてある木製品は、塗装がはがれてしまうかもしれないので注意。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はプラスチックや木、ガラスに残ってしまったシールのベタベタをキレイに剥がす方法を紹介しました。

シールやテープを剥がした時に残ってしまうベタベタは、ほっておくとホコリやゴミがついてしまって汚くなってしまいます。

丁寧に剥がしたつもりでもベタベタは残ってしまうことが多いです。

今回紹介した方法で、ベタベタに対するストレスを解消しましょう!

生活
スポンサーリンク
uenoをフォローする
生き生き市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました