ロードバイクのサングラスはどこで買う?選び方のポイントは?

スポンサーリンク

ロードバイク用のサングラスはどこで買うのが良いのか、迷うところです。

初めてのツーリングのときなどはサングラスが有った方が、目の保護にも役立つので1つは持っておきたいものです。

そこで、ロードバイク用のサングラスはどこに売っているのか、さらに選び方のポイントについて紹介いたします。

参考になれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

ロードバイクのサングラスはどこで買う?売っている場所は?

ロードバイク用サングラスはどこで売っているのかということですが、

ロードバイク用サングラスは、自転車販売店やスポーツ用品店、眼鏡店で売っています。

海外ブランドを買いたいならネット通販サイトの方が選びやすいでしょう。

ロードバイクを買ったショップにもサングラスはおいてありますが、

アイウェア(目を保護する意味)の観点から、少し高額のサングラスが多いようです。

スポーツ店のサングラスは、顔にフィットするように調整ができないサングラスが多いので、好きな店で自分に合ったものを買えば大丈夫です。

太陽の光で目がやられないように、UVカットはお忘れなく!

サングラスが、度付きなら眼鏡屋ですね。

また、ブランドを買いたいなら、種類が多いネット通販で購入する方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ロードバイク用サングラスの選び方のポイントは?

ロードバイク用のサングラスは、アイウェアといって目を守るものになっています。

ロードバイク用のサングラスを選ぶときには、必ず自分の顔の鼻と輪郭、そしてこめかみにフィットするものを見つけることがポイントです。

フィットしないものを選んでしまうと走行中に外れてしまう、高価なものなど落とした際に破損や傷などのリスクがあるので注意が必要です。

そのため、どこで買うのか実際に装着して自分の顔などにフィットするものを選べるお店を見つけることが大切です。

ちなみに、ロードバイクでツーリングを楽しむとき、風による乾きや細かな埃や砂、突然飛んでくる石や枝などの異物、転倒してしまったときに物が突き刺さる危険性、そして紫外線および目の疲れを防止することが大切で、これらの予防に最適なものがサングラスです。

したがって、ロードバイク用のサングラスをアイウェアと言いています。

ロードバイク用のサングラスのレンズには、偏光レンズと調光レンズが使われていることもあります。

偏光レンズは、コンクリートの照り返しからも目を守ってくれます。

ロードバイクでは、前傾姿勢で顔が下を向いているので偏光レンズが目を守ってくれます。

調光レンズは、レンズの色を調節してくれるレンズです。

紫外線が強いときはレンズの色が濃くなり、夜間や室内などではレンズの色が薄くなってくれます。

例えば、トンネルなど暗くなるところを通るときもサングラスを外さなくても良いのです。
優れたレンズですが、少し高額になるのが難点ですが・・・

初心者のロードバイクデビューなら、スポーツサングラスでも大丈夫です。

基本的に、前傾姿勢で上目使いのロードバイクであれば、視野が広く取れるスポーツサングラスなら、何でも良いのかもしれません。

でも、顔にフィットしているのか、さらにはUV機能あるのかなどは必ず必要です。

それから、ミラーレンズは、ロードバイクのレースで周りの選手に苦しい表情や目線を悟られない為でもあるようなので、一般で使用する場合はあまり気にしなくても良いです。

でも、芸能人並みに顔を知られたくないならミラーレンズでも良いのかも(笑)

ちなみに、ロードバイクレースでシェアの高いサングラスは、オークリーのブランドになります。

オークリーの中でも、レンズが一枚もので視野が広いレーダーロックやジョーブレーカーなどの人気のモデルです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました