日焼けしやすい時間帯はいつ!?紫外線が強い時の対策とは!?

スポンサーリンク

日焼けしやすい時間帯はいつのか?

また、紫外線が強い強い時の対策について解説しています。

外出する時は、時間帯に気をつけておでかけしましょう!!

スポンサーリンク

日焼けしやすい時間帯はいつ!?

日焼けしやすい時間帯は正午から15時頃です

日焼けは太陽光に含まれる光が肌に当たることによって起こります。

太陽光には波長の違う複数の光が含まれており、青い光に近い波長を持った紫外線があるのです。

その他に黄色の色温度付近の可視光線があります。

そして赤っぽい波長を持つ赤外線に分かれるのです。

大きくはこの3つの光が合わさったものが太陽光になります。

日焼けは紫外線が原因で起こることは知られていますが、正午付近から午後3時の間が一番の影響があるのです。

それは対気を抜けて光が入る時には遮蔽物が少なく、波打った波長が地上に届きやすいという性質があるからです。

前述したように紫外線は青に近い色温度を持っており、空が青いのは大気中に紫外線の色温度が散りやすいからに他なりません。

朝や夕方になるとオレンジ色に変わるのは、光の照射角度が斜めになることと日中に比べ水蒸気が上空に溜まることが原因になります。

朝と夕方の条件では赤に近い色が上空で拡散して、朝焼けや夕焼けのように空をオレンジ色に染め上げるのです。

だからこそ紫外線の波長が空で散りつつ地上に降り注ぎやすい時間帯である、午前11頃から午後15時頃にもっと紫外線が強くなり、肌に太陽光が当たると日焼けがしやすくなるという特徴があります。

スポンサーリンク

日焼けしやすい時間帯の対策は?

日焼けしやすい午前11頃から午後15時頃の時間帯に外に出る時は、どんな対策をしたらいいのでしょうか?

もしその時間帯に外出する場合は、日傘やクリームなどで肌を防御し、焼けないように気を付けるのが一番の対策になります。

また季節によって太陽と地球の角度が微妙に変わるために、紫外線の量も増減します。

春から夏が強くなり、冬は弱くなる特徴があります。

地球上の場所でも量は変化し、より高度が高く遮蔽物の少ない山岳部では強くなるのです。

緯度や経度も影響するため、皮膚がんなどを防ぐためにも長袖の衣類を着用したりクリームを塗ったり、帽子やサングラスで日差しを防ぐ対策が必要です。

日焼けはメラニン色素の沈着が原因で起こされる現象で、細胞膜が劣化し中の細胞にもダメージを与えます。

それによって起こされる火傷の状態であり、体表だけではなく長時間の紫外線は白血球の増加などのネガティブ要素をもたらします。

日差しの強い高所や南半球では、比較的に皮膚の弱い白色人種などはUVプルーフをすることが推奨されているのです。

太陽光は一方でビタミンDの精製やセロトニン物質を発生する作用があり、少なすぎても多すぎても良くありません。

適度に浴びることで体内時計もリセットされるので、寝付きが良くなるなどの効果もあります。

紫外線の強い時期には日中の太陽光を防ぎ日焼けしないことで、後々のお肌のトラブルを避けることが出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました