玄米の保存期間と保存方法!どのくらい日持ちするのか?

スポンサーリンク

玄米は健康にいいと言われている食材ですが、

玄米を保存していてどのくらい日持ちするのだろうか?

気になるところです。

また、正しい玄米の保存方法とは何かを紹介していきます。

お役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

玄米の保存期間と保存方法

玄米の保存方法ですが、できるだけ直射日光と湿気をさけて保存することが大事です。

乾燥しすぎる環境も玄米の粒に亀裂が入ることになるので注意が必要です。

湿度は60から70パーセント程度である環境下で、温度が15度以下であれば、保存期間は1年以上、日持ちすることが可能になります。

夏場はできるだけ涼しい場所に保存することが大事です。

日本の季節ごとにわけて保存期間をあげるのであれば、

夏場と梅雨は1か月程度、

秋と春は3か月前後、

冬でも3か月前後で、

消費してしまうのが望ましいといわれています。

購入した玄米は、米袋のまま保存するのではなく、米びつに入れ蓋をしておいておくことが望ましいのです。

虫害から守り、湿気などを避けることで長く保存することができるようになるからです。

米櫃も清潔に洗浄したものを使うようにすることが大事です。

玄米は白米よりも長く保存がきき、扱いやすいのも魅力的です。

スポンサーリンク

玄米が人気な訳は?特徴とメリットについて

現代は空前の健康ブームです。

誰もが何かしら意識して健康な生活を送るようになっています。

運動やエクササイズのためにジム通いやマラソンをする人もいるでしょう。

太りすぎないように糖質を控えたり、プチ断食をしている人も多く存在します。

生活習慣病にならないためにできるだけ健康的な食生活を送るように心がけている人も見られます。

そのためできるだけコンビニエンスストアやスーパーの総菜や弁当を控え、手作り料理をする人も多くなっています。

なかでも食材にこだわり、健康維持に努めたり美容効果を期待する人もいるんです。

こうした状況下で玄米が注目を集めるようになっているのです。

玄米の特徴としては、白米と違い、血糖値の上昇が緩やかな低GI食品として有名です。

玄米は、高血圧や糖尿病といった生活習慣病を意識する人に最適な食材です。

また、玄米のメリットとしては、ビタミンやミネラルが白米よりも豊富であり、美容効果も期待できます。

小豆と玄米を焚いて、発酵させる健康食がモデルや俳優を中心に人気になり、一般の人も真似するようになってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました