蒸し鶏の保存期間と保存方法!どのくらい日持ちするのか?

スポンサーリンク

蒸し鶏は、いろいろとアレンジして料理ができ、ドレッシングなど味付けもその時の気分で変えることができるので、たくさん作って作り置きして保存しておきたいところです。

しかし、気になるのはどのくらいの賞味期限になるのか?

心配でもあります。

そこで、蒸し鶏の保存方法と日持ちの期間について紹介していきます。

お役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

蒸し鶏の保存期間と保存方法!賞味期限は?

蒸し鶏は、年中問わずに食することができますが、特に夏の暑い季節に入ると、体力の低下を防ぐ意味合いでも、冷やして食べることが目立ちます。

蒸し鶏を調理する際に、当日だけではなく後日にもメニューにしようと沢山調理を行った場合、余った蒸し鶏を保存する方法があります。

 

蒸し鶏を冷蔵で保存した場合の賞味期限は?

3日から5日以内程度で食べる機会を作れるようであれば、普通のプラスチック製のタッパーにいれて冷蔵保存する方法があり、調理の際に出る汁も一緒に容器に入れて保存をすると旨味のある状態を保てます。

タッパーの場合は最大でも5日間程度の保存になり、冷蔵庫に収納しておくことが一般的です。

真空状態を作ることができるビニール袋を用いて保存する方法もありますが、この方法でも保存期間は1週間以内には食べ切ることが必要です。

数日後に食べるような際には、普通のタッパーだけでも十分です。

蒸し鶏を冷凍保存した場合の日持ちは?

蒸し鶏を冷凍で保存をしておきたいと考える方は、そのままタッパーに入れて冷凍庫に収納するのではなく、できるだけ空気に触れない方法を用いることが必要とされます。

簡単にできる内容では、キッチンラップを使って1枚ずつ空気が入らないように包んでおき、適切なサイズの容器に入れて冷凍庫に入れる方法、他にはジッパー付きで空気を抜くことができるビニール袋を用意して蒸し鶏を全て入れた状態で冷凍庫に収納することで問題はありません。

冷凍をした場合は、賞味期間は2か月も3か月も持たせることができるのではと考えられがちですが、約1か月程度を目安にして期間内に食することは必要です。

調理済みの食材は長持ちするイメージがあるものの、間違えれば食中毒の危険性が出てしまうので、1か月以内に食べ切ることがベストな期間です。

料理を頻繁に行う方は、他の食材も同じように冷蔵や冷凍をしている場合がありますが、1目見て判断することができるように、シールなどを用意して調理した日時等を書き込んでおくと尚更便利で安全です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました