豚肉の冷凍保存の期間は?正しい冷凍保存のやり方と解凍方法!

スポンサーリンク

豚肉はいろんな料理に使えるので、安い時に買って冷凍保存することも多いのですが、冷凍保存したときの賞味期限の期間も気になるところです。

そこで、豚肉の冷凍保存の日持ち期間について紹介いたします。

また正しい冷凍保存のやり方や解凍方法についても紹介いたしますので、参考にしていただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク

豚肉の冷凍保存の期間は?冷凍保存やり方と解凍方法!

豚肉の冷凍保存の賞味期限と正しい保存方法

豚肉の冷凍保存は買ってきてなるべく早く、すぐに冷凍するのが望ましいといえます。

またパックのまま冷凍庫に入れるのではなく、パックから取り出して冷凍保存することも重要です。

鮮度と美味しさを保つ為には急速冷凍が理想ですから、常温での保管を最小限にして、時間を掛けずに冷凍するのがベストとなります。

冷凍保存した豚肉の賞味期限は1ヶ月が目安で、1ヶ月の期間を過ぎても味が落ちるだけで食べられる場合は多いですが、それでも速やかに消費するのが正解です。

それとひき肉の場合は、空気に触れる面積が多いので、冷凍保存の期間はブロックよりも短くなります。

ひき肉を冷凍保存した場合の日持ちは、おおよそ2週間ぐらいです。

何度も解凍と再冷凍を繰り返すとブロックでも鮮度が落ちてしまうので、少しずつ消費する予定があれば、豚肉を小分けにして冷凍保存することをおすすめします。

こま切れ肉の冷凍保存の方法は、基本的に小分けが理想で、ラップに包みジッパー付きの保存袋に入れてトレイなどの上に置いて冷凍庫に入れます。

これは薄切り肉も同様で、使いやすい量で分けて保存すると便利です。

一方、厚切り肉は1枚ずつラップに包んでから保存袋に入れて保存です。

1枚肉は乾燥しやすいですから、購入してきた豚肉は速やかにラップして水分の蒸発を防ぐことが大切です。

ブロック状のかたまり肉は使いやすいように予めカットして、それから小分けにラップに包んで保存するのがおすすめです。

そのままラップで保存しても良いですが、一度に消費する量よりも大きいのであれば、やはり事前にカットしておくのが賢明です。

 

豚肉の冷凍保存に共通するのは、肉の表面を空気から遠ざけるようにラップして、袋に入れる時は空気を抜くことです。

豚肉に限らず、食品の劣化や鮮度の低下は酸素を含む空気との接触が原因なので、真空に近い状態にするのが理想的です。

冷凍保存した豚肉の解凍方法

冷凍保存した豚肉の解凍方法は、冷蔵庫に移して1日掛けてゆっくりと解凍したり、急いでいる時は流水で解凍するやり方もあります。

電子レンジで時短も可能ですが、いわゆるドリップが出やすいので注意が必要です。

加熱するならフライパンで焼くのがベストで、調理を兼ねた解凍が美味しさを損ねないコツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました