ビーフストロガノフに合う付け合わせのおかず⁉副菜のもう一品と献立例

スポンサーリンク

一昔前までは、レストランでしか食べることのできなかった高級料理が、最近では簡単に自宅で調理できるようになりました。

ビーフストロガノフもその一つ。

私が最初に「ビーフストロガノフ」という言葉を耳にしたのは、某有名テレビ番組のお料理コーナーでした。

それから数年…あれよあれよという間に、「ビーフストロガノフ」は、すっかり自宅で手軽に調理できる料理へと変身していき、時には学校給食のメニューに載ることも!!

そんなおしゃれ料理、「ビーフストロガノフ」を、一度自宅で作ってみたい、と思う人も、増えています。

しかし、ご飯のおかずが「ビーフストロガノフ」だけでは、なんだか物足りない…

付け合わせのおかず、どうしよう…

そう、メインのおかずが決まっても、付け合わせの副菜をどうするか、主婦には常に悩みの種なのです。

そこで、「ビーフストロガノフ」に合うおかずはどんなものか、考えてみました。

ビーフストロガノフに合う付け合わせのおかずや副菜は?副菜のスープでおススメのもう一品は?

実は私、今までの人生の中で、「ビーフストロガノフ」というお料理を、作ったことはもちろん、食したこともございません。

 

というわけなので、まずは、「ビーフストロガノフ 献立」と検索し、世間の「ビーフストロガノフ情勢」を調べてみることとしました。

 

画像検索すると、おいしそうなお料理の数々が出るわ出るわ…

 

「ビーフストロガノフ」って、今や、普通に家庭の食卓に並ぶお料理なんだな、ということを、改めて強く実感しました。

 

さて、肝心の「献立」内容ですが、やはり「サラダ」や「ジャガイモ料理」を副菜に、「コンソメスープ」や「ポタージュスープ」を付け合わせのスープにするケースが多いようです。

 

「サラダ」や「スープ」といったものは、基本的には、洋風料理なら何でも相性がいい、というイメージです。

 

しかし、「ジャガイモ料理」を副菜にするって…

「なぜジャガイモ料理?」

と、疑問に思いませんか?

 

その答えは、「ビーフストロガノフ」の起源にあります。

 

実は、「ビーフストロガノフ」は、元々はロシアの郷土料理の一つで、その昔は「貴族」が自宅で食べていた料理の一つだった、ということです。

 

国土が広く、ヨーロッパともアジアとも国境を接しているロシア。

 

ヨーロッパ・アジア両方の食文化が伝わっていてもおかしくはないはずですが、12世紀以降、徐々にヨーロッパの食文化がロシア全土に伝えられてきました。(当時は、ヨーロッパの方が、文明が発達していましたからね。)

 

ヨーロッパの料理って、「ジャガイモ料理」との相性が抜群で、結構どんな料理にも、「ジャガイモ料理」の付け合わせがついています。

 

そうやって考えると、ヨーロッパの食文化に影響を受けて誕生した「ビーフストロガノフ」に、ジャガイモを付け合わせるっていうのは、まさに、「ザ・ヨーロッパ料理」だと言えます。

 

ビーフストロガノフを夕飯にする時の献立例は?

 

一口に「サラダやジャガイモ料理」「コンソメスープやポタージュスープ」と組み合わせればいい、といわれても、どれをどう組み合わせるかを考えるのが大変!

 

そこで、「ビーフストロガノフ」初心者の私が作るならどんな献立にするか…の視点で、夕飯の献立を考えてみました。

まずは、「サラダ」です。

サラダ

「サラダ」って、本当にたくさんの種類があって、食材と調味料の組み合わせ次第で、無限に作ることができそうな感じがします。

 

できるだけたくさんの野菜を取り入れたい、できれば簡単に作りたい、肉料理の「こってり感」を中和したい…

 

そんな観点から選ぶと、「コールスローサラダ」なんて、どうでしょう?

 

野菜を千切りして、塩もみし、マヨネーズであえるだけ…

 

キャベツは、千切りではなく、「できるだけ小さく刻む」ぐらいにしたら、それほど手間なく作ることができます。

 

また、「メインに負けないぐらいの食感」を求めるなら、「マカロニサラダ」や「ポテトサラダ」はどうでしょう?

 

サラダのボリュームも満点ですが、しっかりとマヨネーズをかけてあげると、味のボリュームも満点な一皿になり、食後の満足感がグーンとアップ、間違いなし!

 

次は、「ジャガイモ料理」です。

ジャガイモ料理

「ポテトサラダ」がすでに上がっていますが、「マッシュポテト」や「フライドポテト」といったものを作っても、いいですね。

 

特に「フライドポテト」は、子供にとっては鉄板メニュー!!

 

小さなお子さんのいるご家庭には、ピッタリな付け合わせだと思います!

 

ただし、付け合わせの食材が「ジャガイモ」だけになってしまうと、どうしても栄養の偏りが心配です。

 

こんな時、私はいつも、人参やブロッコリーをゆでたものを、副菜の横にそっと並べています。

 

「ジャガイモ料理」って、見た目が白っぽいので、人参やブロッコリーを付け加えるだけで、見た目も華やかになりますし、その分栄養も摂取できるので、おすすめです!

 

最後に、「スープ」をまとめて考えてみます。

スープ

「コンソメスープ」の場合、野菜と一緒に煮込んでしまえば、栄養満点でおいしいスープが簡単に出来上がります。

 

野菜が使ってあるとはいえ、「サラダ」や「ジャガイモ料理」では、野菜の摂取量が十分ではありません。

 

そこで、「コンソメスープ」にも、たっぷり野菜をいれ、しっかり栄養を取ることができるようにしたいですね。

 

また、「ポタージュスープ」は、お好みで、コーン・人参・ごぼう・トマト・カボチャなど、様々な食材で作ることが可能なので、

「今日のおかず、この野菜が足りないな」

というものを選んで、「ポタージュスープ」を作ると、栄養バランスの取れた献立になりますね。

 

尚、「ポタージュスープ」は、どうしても「ジャガイモ料理」と食感が似てしまうので、副菜に「ジャガイモ料理」を作るときには、避けた方が無難でしょう。

 

逆に、副菜が「サラダ」の時は、「ポタージュスープ」でボリュームアップすると、満腹感がしっかり得られた食事になり、いいと思います。

 

まとめ

一見難しそうな「ビーフストロガノフ」ですが、調べてみると、作り方は意外と簡単で、今では様々なバリエーションを持つ料理となっています。

 

献立も、「サラダ」と「スープ」だけなら、簡単に作ることも可能です。

 

とはいえ、なかなか「牛肉」を買う勇気のない私…

 

このままでは、一生「ビーフストロガノフ」を作る日が、来ないかもしれません(涙)

 

まずは「クリスマス」や家族の誕生日などといった、家族のイベントの時にでも、勇気を出して、作ってみたいな、と思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました