湧き水の保存期間と保存方法

スポンサーリンク

湧き水は自然の恵みですし、水道水よりも全然美味しいという事で利用している方は多いのではないでしょうか。

そういったスポットが近くにあるのでしたら、汲みに行ってみるのも良いでしょう。

しかしここで気になるのが保存期間です。

どれぐらいの期間日持ちするのかというのは、比較的すぐに使うのであればあまり関係ないかもしれませんが、大体どれぐらいかと知っておけば目安になります。

湧き水の賞味期限と保存方法についてお役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

湧き水の保存期間!どのくらい日持ちするのか?

1度に大量に汲みに行っても使いきれないとなれば保存をすることになります。

わざわざ湧き水を汲みに行くのであれば、程好い量をとっておいて保管しておくというのも理想です。

厳格にこの期間だけは確実に日持ちするという事はありませんが、一般的な所ですと消毒や殺菌がおこなわれていないので、水道水よりも腐りやすいです。

大体3日間というのが常温でも可能な日数です。

これは飲料水として使う場合で、煮沸をして使うという事になればもう少し賞味期限も長くなります。

水道水の場合は殺菌や消毒がされていますので、思いのほか実は長持ちします。

気温などの状態にもよりますが、保存のやり方によっては1か月近く長持ちするということもあります。

しかし湧き水の場合は殺菌消毒がされていませんし、仮にペットボトルなどに入れて口をつけて飲んだ場合は細菌も繁殖していきますので、冷蔵庫にいれておいたとしても日持ちの期間も短くなるでしょう。

スポンサーリンク

湧き水の保管方法

湧き水の保管方法に関しては、汲んできた時にペットボトルなどの容器にいれていて冷蔵庫にも入れられる状態であれば出来るだけ冷蔵庫に入れて保存するようにしましょう。

細菌は冷蔵庫の中など低温の方が繁殖しにくいということがありますので、冷蔵庫がおすすめです。

容器が大きかったり大量の場合は冷蔵庫に入らないという事もありますから、常温で出来るだけ早く使い切るようにします。

料理などで使う場合、火を通すという事でしたら、日持ちする期間というのも少し延長されます。

出来るだけ冷蔵庫に入れる事をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました