新年の挨拶いつまでするの?ビジネスやメールの場合はどうなのか?

スポンサーリンク

「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」などの

新年の挨拶は、いつまでするのでしょうか?

気になるところですね!

そこで、新年のあいさつをする期間はいつまでなのかを調べてみました。

お役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

新年の挨拶いつまでするのか?

新年のあいさつは、一般的には、松の内の7日までです。

それ以降に新年になって初めて会ったのであれば、

「今年もよろしくお願いします」

ぐらいでも非常識にはなりません。

また、関西の方面では、松の内が15日までという地域もあります。

もし関西地区で迷ったら、

「今年もよろしくお願いします」で良いでしょう。

スポンサーリンク

新年の挨拶いつまでするの?ビジネスやメールの場合

新年の挨拶をLINEやメール、ハガキ、FAXでする場合は、

7日までに済ませましょう。

会社などのビジネスにおいての新年の挨拶は、

あいさつ回りを7日までに終わらせるのは難しいので、

仕事で新年の挨拶回りをするなら、

15日ぐらいまでに済ませましょう。

また、新年の挨拶のビジネスメールは、挨拶のみのメールであれば、

7日までに終わらせましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました