お好み焼きにあう付け合わせは何が良い!?

スポンサーリンク

お好み焼きだけでは、どうも献立として物足りないなぁ~

と感じることもあるかと思います。

ここでは、お好み焼きにあう付け合わせの料理について紹介しています。

お好み焼きの献立の際にお役に立てることができれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

お好み焼きと相性の良い付け合わせは何!?

お好み焼きは関西風、広島風、モダン焼きなどの種類があり幅広い年代に好まれる鉄板料理です。

飲食店に足を運んで食事をしている人が多いですが、自宅でも作りやすい料理なのでお好み焼きを定期的に作っている人もあります。

お好み焼きを単品で出すのは栄養バランスも考えて付け合わせの献立を知っておくと良いでしょう。

暑い時期などはさっぱりと食べることが出来るトマトスライスがお勧めです。

トマトは優しい酸味が特徴になっており、ビタミンが豊富に含まれているので付け合わせにお勧めします。

もやしは比較的安価で販売されており、ごま油などで和えてナムルにしておくと美味しいです。

豚肉とキムチを炒めて調理をしている豚キムチは、優れた滋養強壮、疲労回復効果が期待できるのでお好み焼きと一緒に出すと喜んでもらえます。

関西地区などではお好み焼き定食などのメニューがあり、ご飯やお味噌汁と相性が良いです。

炭水化物の取りすぎが気になる場合は小ご飯の器にしたり、豆腐やわかめ、野菜などが入った味噌汁を付けるのがお勧めです。

寒い時期はたっぷりと野菜や海藻類を入れた味噌汁やスープを付けることで、体を温めることが出来ます。

お好み焼きは小麦粉、卵、豚肉、シーフードミックス、キャベツ、ねぎなどを使用して作ることが多いです。

自宅ではホットプレートで調理をする人が多いですが、一人前だけを作る時はフライパンで作ると片付けが簡単です。

キムチやぬか漬けなどの漬物や、ヨーグルトのフルーツ和え、ジャム和えなどもさっぱりとしているので人気があります。

ナスやきゅうりのぬか漬けには、乳酸菌が豊富に含まれているので体の調子を整えることが出来ます。

土日や祝日などの休日はお好み焼きを作るご家庭が多いですが、簡単に作れる付け合わせを知っておくと便利です。

付け合わせの献立を加えることで、栄養のバランスが良くなります。

お好み焼きはソースやかつおぶし、青のりなどを付けて食べると美味しいです。

スポンサーリンク

お好み焼きの献立が良い理由は!?

最近では外食頻度が減る代わりに家で食べるおうち御飯が増えています。

ただおうち御飯の機会が増えることによって、料理を作る側にとっては献立を考えるのが大変になってきています。

夕食は家族団らんの時間なので、おいしいだけでなく家族全員の健康を考えるうえで栄養バランスも考えたいところです。

そこでおいしいだけでなく栄養バランスの整った献立というニーズに答えられるのが、子供から大人まで愛されているお好み焼きです。

お好み焼きは小麦粉を出汁で溶いた後に、キャベツを中心にお肉や魚介類などを加えて両面を焼くだけのシンプルな料理になります。

そんなお好み焼きの良さというのは、やはり栄養バランスも整っていることが挙げられるのです。

生地となる小麦粉の中には植物性タンパク質となるグルテンだけでなく、キャベツには食物繊維だけでなくビタミンやミネラルなど豊富に含まれています。

そこにお肉を加えることでボリュームとたんぱく質や鉄分といった疲労回復ができる栄養素を加えられるのと、魚介類を加えればアスタキサンチンなどの抗酸化作用のある栄養素を取り入れることができます。

そしてお好み焼きの良さは、具だけでなくソースがトッピングのバリエーションが豊富ということです。

ソースに至っては濃厚なウスタータイプだけでなく関東風のようにあっさりと醤油で味付けたり、そのほかにも味噌やからしそしてマヨネーズなど好きな調味料で味付けすることができます。

トッピングも定番の鰹節や青のりだけでなく、焦がしチーズや目玉焼きなど好きな風にアレンジできるのです。

お好み焼きの良さというのは、一人用から大人数用まで手軽に作れる点になります。

一人用であれば家庭用コンロで、フライパンを使って簡単に両面を焼くことができるのです。

そして友達や家族などの大人数の際にも、温度調節ができるホットプレートを使えば一度に大量のお好み焼きができるだけでなく一緒にキノコやアスパラガスなどの野菜も調理できるので栄養バランスがさらに整います。

お好み焼きだけではなく付け合わせも考えていくとさらに栄養のバランスを考えた献立になります。

是非、お好み焼きと相性の良い付け合わせで、おうち時間を楽しいものにしていただけたら、嬉しく思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました