古賀悠斗の出身高校・中学などのプロフィール!中央大学の通算成績?

スポンサーリンク

2021年のプロ野球ドラフト候補の古賀悠斗選手(中央大学)の出身中学と高校がどこなのかを紹介しています。

さらに、古賀悠斗選手のプロフィールも紹介しています。

スポンサーリンク

古賀悠斗選手(中央大学)の出身中学・高校は?

古賀悠斗選手の小学校・中学校・高校・大学の活躍をまとめました。

古賀悠斗選手の出身中学

福岡県出身の古賀悠斗選手は、

筑紫野市立筑紫小学校の2年生からオール筑紫ベースボールクラブで野球を始め、

中学からは、筑紫野市立筑山中学校で野球部に所属していました。

小学6年の時には、投手として九州大会春夏連覇を達成しています。

さらに、中学では最速136kmを計測しています。

古賀悠斗選手の出身高校

古賀悠斗選手は、福岡大学附属大濠高等学校に進学しています。

福岡大大濠高校では、1年生の入学直後からベンチ入りし、

5番・サードで先発していました。

1年生の秋の新チームからはショートへ転向。

2年生の春の九州大会では、3番・ショートで優勝を経験しています。

2年生の秋の新チームからは、強肩をかわれ捕手へ転向。

2年生秋の九州大会では、大分商、鹿児島実、秀岳館を3試合続けて完封し優勝。

さらに全国大会の明治神宮大会でもベスト4まで勝ち上がっています。

甲子園には、3年春の第89回選抜高等学校野球大会に出場し、

創志学園と滋賀学園と勝利し、ベスト8まで進出しています。

3年の夏の甲子園は、福岡大会決勝で東筑に負けて出場を逃しています。

しかし、古賀悠斗選手は、U-18の日本代表にも選ばれ、

U-18代表は、ワールドカップで銅メダルを獲得しています。

高校通算52本塁打で、二塁送球1.9秒台の強肩です。

高校では三浦銀二選手が同級生でバッテリーを組んでいました。

古賀悠斗選手の中央大学成績は?

古賀悠斗選手は、中央大学の1年生の春からベンチ入りしています。

最初は、代打起用からスタートし、下位チームとの対戦でマスクをかぶるようになる。

その後、正捕手となり、4年生の春から3番・捕手として活躍した。

2年生の秋のリーグ戦で優勝を経験しています。

さらに、4年生の春にベストナインを受賞しています。

全国大会は、2年生の秋の第50回記念神宮大会に出場し初戦2回戦で敗退しています。

大学通算は、65試合に出場し、打率.243、44安打、4本塁打、20打点。

スポンサーリンク

古賀悠斗選手のプロフィール

名前:古賀悠斗(こが ゆうと)

生年月日:1999年9月10日

身長:173cm

体重:85kg

投球/打席:右投右打

ポジション:捕手

遠投:115m

50m:6秒8

二塁送球タイム:1.9秒台

【経歴】
・筑紫野市立筑紫小学校
・筑紫野市立筑山中学校
・福岡大学付属大濠高校
・中央大学

スポンサーリンク

編集後記

2021年のプロ野球ドラフト会議が10月11日に開催されますが、

福岡県出身は気になるところです。

古賀悠斗選手も福岡県出身ですので、

是非とも、福岡ソフトバンクホークスが指名してくれることを願っています。

九州の地元のファンとしては、九州でプレイしてくれると嬉しいですね!

また、プロ野球でも三浦選手と古賀選手の大濠バッテリーを見てみたいものです。

さらにドラフトの有力候補の隅田知一郎選手も、

九州出身ですので、福岡でプレイしてくれると嬉しく思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました