コーヒーが酸化する時間は?酸化したコーヒーは体に悪いのか!?

スポンサーリンク

コーヒーは時間が経つと酸化して美味しくなくなります。

コーヒーの酸化する時間について調べましたので、できるだけ早く飲むことをおすすめいたします。

また、酸化したコーヒーは酸味が出てくるので体には良くないと聞いたことがあるので、酸化したコーヒーが体に悪いのかについても紹介していきます。

参考になれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

コーヒーが酸化する時間は?

コーヒーは、豆のときから酸化が始まっていると言われています。

もちろんコーヒーを作り置きした場合も酸化は進んでいきます。

そこで、コーヒーが酸化するまでにどれぐらいの時間がかかるのかを調べましたので参考にしてみてください。

ホットコーヒーでは、風味の観点から賞味期限は30分以内です。

その時間を過ぎると酸化も進み風味も酸味が出てきます。

1時間もすると酸化も進み美味しくありません。

さらにアイスコーヒーの場合は、保冷できる容器に入れて冷蔵庫で保存した時は、酸化もゆっくりになるので、賞味期限は約1日程度です。

ちなみに、コーヒー豆も酸化していきます。

コーヒー豆の賞味期間は、20~25日ぐらいです。

 

100種類以上のコーヒーのサブスクがあります。

【こんな人にオススメ!】
・コーヒーは好きだけど、どんなコーヒーが好きかよくわからない
・いつも同じコーヒーばっかりなんとなく飲んでいて、マンネリ化してきた
・普段飲まないコーヒーにチャレンジしたいけど、200gも購入して失敗したくない
・コーヒーを自分で淹れてみたいと思うけど、どうしたら良いかわからない

これまでコーヒーを自分で淹れたことがない方も、好きな銘柄があるくらいコーヒーが大好きな方も楽しめるサービスになっております。

詳しくはこちらから⇒コーヒーのサブスクのPostCoffee【ポストコーヒー】

スポンサーリンク

酸化したコーヒーは体に悪いのか!?

コーヒーは、時間が経つと酸化が始まります。

酸化したコーヒーは体に悪いのか?

調べてみました。

するとウィキペディアに次のようなことが記載されていました。

コーヒーを保温しつづけると色素の酸化重合や過酸化水素などのフリーラジカルの生成がおきることが知られているが、健康との関係についての研究報告はまだ行われていない。なお、コーヒーの酸化と「コーヒーはアルカリ性飲料」とを結びつけて「新しいコーヒー=アルカリ性で体にいい」「古いコーヒー=酸化=『酸』化=体に悪い」という図式から健康との関係を説明しようとする人もいるが、酸化することと溶液が酸性化することとは必ずしも一致するものでない上、酸性・アルカリ性で健康への影響を説明することには医学的根拠がない点で、この説明は科学的な根拠があるものとは呼べない。 酸性だとしても、胃液はほとんどが強酸に入る塩酸なので健康との関係性は乏しいと考えられる。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

酸化したコーヒーが体に悪いということは、今の時点ではなさそうですね!

コーヒーは時間が経つと酸化し酸味がでてくるので、美味しくなくなるので体に悪いのではないかというイメージになっているのでしょう!!

しかし、酸化したコーヒーは酸味が増え胃への負担も増えてくると言われているので、胃の調子が悪い時は注意した方が良いようですね!

また1日に何杯も飲むのも胃への負担もあるので1日3杯程度にしておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーが酸化する時間は、30分以内が限界です。

それ以上は美味しくなくないります。

また水出しコーヒーを冷蔵保存した場合でも約1日程度となっています。

さらに、酸化したコーヒーは体に悪いということはないようです。

しかし、美味しいコーヒーを飲むためには、出来るだけ作り置きせず早めに飲むことをオススメいたします。

100種類以上のコーヒーのサブスクがあります。

【こんな人にオススメ!】
・コーヒーは好きだけど、どんなコーヒーが好きかよくわからない
・いつも同じコーヒーばっかりなんとなく飲んでいて、マンネリ化してきた
・普段飲まないコーヒーにチャレンジしたいけど、200gも購入して失敗したくない
・コーヒーを自分で淹れてみたいと思うけど、どうしたら良いかわからない

これまでコーヒーを自分で淹れたことがない方も、好きな銘柄があるくらいコーヒーが大好きな方も楽しめるサービスになっております。

詳しくはこちらから⇒コーヒーのサブスクのPostCoffee【ポストコーヒー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました