折り紙の花の折り方!誰でも簡単に作れる朝顔のおりがみの作り方!

スポンサーリンク

元々不器用で、折り紙が苦手な娘。

しかし、最近、「頑張ればきれいな折り紙作品を作ることができる」ということに気づいたのか、今まで避けてきた「折り紙」を、自ら進んで行うようになりました。

そんな中、折り紙の本を見ながら、「これ簡単そう!」と、突然一人で作り始めた「あさがお」

どんなに簡単なのか、ご覧ください。

スポンサーリンク

材料

折り紙1枚、ハサミを用意してください。

スポンサーリンク

アサガオの折り紙の作り方

1.折り紙を裏向きに置きます。

真ん中で「たにおり」をして、三角に折ってください。

 

2.もう一度真ん中で「たにおり」にします。

3.最初の折り目から元に戻し、三角を開き、ひし形につぶします。
(両面同じようにつぶしてください。)

4.折り紙が開いている方(中の色が見える方)が上向きになるように置き、真ん中の折り目に合わせて、両側を「たにおり」します。(両面とも行ってください。)

5.朝顔の「花びら」部分をはさみで切ります。

6.赤い丸のついている辺りを手でしっかり押さえながら、花びらを開くと、「朝顔」の出来上がりです♪

スポンサーリンク

「朝顔」の楽しみ方

作り方はこんなに簡単ですが、出来上がった作品はすごくきれい!

この朝顔は、すべて娘の作品です。

こんな風に、たくさんの朝顔を、パパ・ママへはもちろん、お友達へのプレゼントにしたいと、毎日せっせと作っています(*’▽’)

こうやって見てみると、折り紙を変えるだけで、ずいぶん違った雰囲気の朝顔を作ることができますね(⌒∇⌒)

私としては、暖色系の無地や、和柄の折り紙で作ったものがかわいいな、と思うのですが…皆さんはどうですか?

ぜひ、いろいろな色・柄の折り紙で朝顔を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

初めて作るときこそ、途中でぐちゃぐちゃになって、うまくいかなかった娘ですが、3回目のチャレンジで、作り方をしっかり覚え、今では「折り紙の本」を見なくても、自力でスイスイ~と、作っています。

あまりにたくさんの「朝顔」を作りすぎて、置き場に困るほど、毎日コツコツ作っている娘。

でも、作り方を覚えるほど、折り紙がしっかりできるようになったのは、親から見るとうれしい話でして…

この「朝顔」は、簡単に作れちゃいますし、何よりもすごくきれい!

なので、上手に作れた時の達成感が高く、次も作ろう、という意欲につながりやすいのかな、と思います。

はさみで切るところなど、小さなお子さんには難しいところも、少しお手伝いしてあげれば、きれいな朝顔が完成すること、間違いありません!

ぜひ、お子さんと一緒に、たくさんの「朝顔」を作ってみてくださいね(*^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました