かぶとの折り紙の簡単な作り方!新聞紙やチラシで作ればかぶれるよ!

スポンサーリンク

先日、娘のアルバム整理をしていたら、生後2か月ごろ、パパが広告で作った「兜(かぶと)」を被った娘の写真を発見しました。

懐かしいなあ…と思いつつ、ふと、「かぶとってどうやって折るんだっけ?」と、疑問に思った私。

チャレンジしてみると、…折り方、完全に忘れちゃってました(笑)

どうしてもあきらめきれず、急いで折り方を調べ、無事完成\(^o^)/

実は、折り方はとっても簡単!

さっそく、「かぶと」の折り方をみてみましょう!

 

スポンサーリンク

用意するもの

折り紙1枚だけです。

実際に「かぶと」をかぶってみたい場合は、広告のチラシや新聞紙など、大きな紙で折ってくださいね。

スポンサーリンク

兜(かぶと)の折り紙の作り方

1.折り紙を裏向きに置き、三角に折ります。

2.さらに半分の大きさに折り、折り目をつけて戻します。

3.折り目(赤い線のところ)のついた角に、ほかの二つの角をつけて、ひし形になるようにします。

4.折り返したところを、さらに半分に折り返します。

折り紙の上下を逆にし、上向きに折るようにした方が、折りやすいですよ。

5.折り返した先端を、斜め方向に折り、かぶとの「角」を作ります。

赤い点の部分(中心部分)から、斜め方向に折ると、きれいに折ることができますよ。

6.かぶとの下側を折っていきます。
上側の紙1枚だけを、上方向に折り返します。
かぶとの「角」の部分と、少し重なるように折ってください。

7.(6)で折った残りの部分を、かぶとの「角」部分を包むように、上向きに折り返します。
「角」の部分のすぐ下(赤線のところ)から、しっかり折りこんでください。

 

8.残った紙を、かぶとの内側に差し込んだら、完成です。

 

スポンサーリンク

新聞紙や広告のチラシなどの大きな紙で兜を作る場合

チラシにしても、新聞紙にしても、大きな紙は、そのほとんどが長方形です。

長方形のままでは、「かぶと」を折ることはできないので、まずは「紙を正方形にする」作業が必要となります。

長方形の紙を正方形にするには…

このように、一つの角から紙を折り返し、三角形を作ります。

赤い線のところで、紙を切れば、正方形の出来上がりです。

これさえできれば、好きな大きさの紙でかぶとを折ることができます(*^^)v

実際にかぶとをかぶる場合は、

・分厚い紙を使う
・紙を2重にして使う

という風にすれば、丈夫なかぶとを作ることができますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

娘が幼いころ、五月の子供の日に、新聞紙でかぶとを作ったことがあります。

かぶとが完成するまで見向きもしなかったくせに、完成したかぶとを目の前にしたとたん、とても喜び、張り切ってかぶとをかぶってくれました!(^^)!

ただの新聞紙なのに、こんなに喜んでくれるんだ、と、すごくうれしく思ったこと、今でもはっきり覚えています。

皆さんも、ぜひ、大きなかぶとを作って、お子さんにかぶせてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました