東京ドイツ村はやばい!?つまらないと言われる理由!行き方と駐車場

スポンサーリンク

地元民が教える東京ドイツ村の楽しみ方!駐車場やアクセスは?

東京ドイツ村は、やばい!?
「東京」と付いていますが、実は千葉県の袖ヶ浦市というところにあります。
東京ドイツ村はつまらないという意見もありますが、楽しめるところもたくさんあります。

冬場に開催される大規模なイルミネーションは、本当にやばいです。
観光バスもたくさん訪れる有名なレジャー施設となっています。

園内にいくつも駐車場があり車で移動するというちょっと変わったスタイルの施設なので、車で遊びに行くのが便利でおすすめですよ!

園内にはドイツ風の建物があり、広くて綺麗な芝生が広がっています。

観覧車、ボート、遊園地エリア、動物エリア、アスレチックなど様々なアクティビティが用意されており、子供連れで賑わっています。

お花好きな人にも人気のスポットであり、芝桜、ひまわり、バラなど季節ごとのお花が咲き誇ります。

お花畑はスケールが大きくとても見応えがあります。

一日遊んでも遊びきれない、東京ドイツ村のおすすめをご紹介します!

スポンサーリンク

東京ドイツ村はやばい!?つまらないと言われる理由!

東京ドイツ村がつまらない理由

  • ドイツらしさがない。
  • アトラクションなどの施設はクオリティが低い。
  • イルミネーション以外はつまらない。
  • ドイツらしい食べ物やお土産が少ない。
  • 千葉にあるのに東京!?
  • バイクの入場は禁止されている。

※余談ですが、ハウステンボスは、以前オランダ村という名前でした。
名前を変えると印象も違ってくるのかもしれませんね!?

東京ドイツ村を楽しめる人は?

  • イルミネーションが好きな人
  • 緑と花が好きな人
  • 小学生以下の子供がいるファミリー
  • 動物とふれあうのが好きな人
  • ドックランで遊ばせたい人
  • 広大な敷地なので、のんびりとしたい人
  • パターゴルフなどもあるので運動が好きな人
  • ドイツ色にこだわらない人

※人によっては、緑と花をテーマにした広大な敷地を楽しめます。冬のイルミネーション、季節ごとのフラワー、夏の水遊びなど、季節ごとにいろんな楽しみ方ができます。

東京ドイツ村のやばいところ

東京ドイツ村がやばい!?つまらないと言われていますが、東京ドイツ村のイルミネーションは、本当にやばいです。

東京ドイツ村のイルミネーションは、関東三大イルミネーションに認定されているので、イルミネーションは圧巻です。

原色の電飾も多くとてもキレイです。

カップルや女性同士などは、映える場所もあるので楽しむことができます。

>>東京ドイツ村のイルミネーションの体験談!

東京ドイツ村がやばい!?という意味は、良い面も悪い面もあり、ここでは、千葉県民の私が東京ドイツ村の良い所をいくつか紹介していきます。

小学生までの子供がいるファミリーには、とても楽しめるスポットがたくさんあるので、参考にしていただければ嬉しく思います。

スポンサーリンク

東京ドイツ村の駐車場やアクセスなど情報

千葉件袖ヶ浦市永吉419

 

住所: 千葉件袖ヶ浦市永吉419

電話: 0438-60-5511

駐車場料金

乗用車(1台) 1000円

東京ドイツ村では、園内は車に乗って廻れるので、車に乗ったまま入園できます。

駐車場は、園内にあり各所3000台に駐車できるスペースがあります。

東京ドイツ村への行き方(アクセス)

車が便利です。

アクアラインを渡って館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」より約3km(5分)

アクセスは悪いイメージですが、車で行けば、アクアラインを渡って、少し館山自動車道を走れば到着するので、とてもアクセスは良いです。

車で園内に入場し、遊びたいエリアの近くの駐車スペースに停めるというスタイルになります。

園内は一方通行になっており、時計回りに一周できるようになっています。

東京ドイツ村のホームページ

東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク
千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク、東京ドイツ村の公式ホームページです。

営業時間

9:30~17:00 (最終入園16:00)

年中無休

入園料

大人         800円

小人(4歳~小学生) 400円

 

有料のアトラクションを利用する場合は、別途利用料金が掛かります。

その他

授乳室あり(お湯あり)

おむつ替えシートあり

スポンサーリンク

東京ドイツ村のおすすめ6選

1. 観覧車

1周 350円
4歳未満は無料
未就学児は保護者の同乗(有料)が必要

園内の丘の上にあり、とても眺めの良い観覧車です。
お天気の良い日には、東京湾や富士山を眺めることができます。

冬場のイルミネーションを観覧車から見下ろすと、なんと立体的に浮き上がって見えるんです!!
イルミネーションのクオリティの高さに感動しますよ!

お花の季節には、お花の絨毯が広がる景色を楽しむことができます。

2.お花畑

東京ドイツ村のお花畑はとっても広いので見応えがあります!
四季折々の綺麗なお花を楽しむことができます。

春(3月~6月下旬)  芝桜・ビオラ・バラ・菜の花・アジサイなど
夏(7月~9月下旬)  ひまわり・ペチュニア、バーベナなど
秋(10月~11月下旬)マム・秋バラ・コキア・コスモスなど
冬(12月~2月下旬) 菜の花・ビオラ・パンジーなど

 

東京ドイツ村のお花畑で特におすすめなのは、4月の芝桜(25万本・4万㎡)と、6月のアジサイ(3万株)です!

ドイツ原産のバラエリアもありますよ!

3.スワンボート・手こぎボート

15分 350円
4歳未満は無料
未就学児は保護者の同乗(有料)が必要

手こぎボートは、中学生未満まで保護者の同乗(有料)が必要

スワンボートは、2人~4人まで乗ることができます。

池にはカモが泳いでいて可愛いです。
鯉も泳いでいます。
エサが販売されているのでエサやりをすることもできますよ!

4.せせらぎ(無料)

夏になると芝生広場で水遊びができます。
ちょっとした小川のようになります。
一番深いところでも大人の膝くらいの深さなので、小さな子供も安心して遊ぶことができますよ。

小さな滑り台もあって楽しめます!
天然の地下水を利用しているとのことで、水はひんやり冷たいです。

日陰があまりないので、テントなどの日除けを用意して行くとよいですよ!

5.わんぱく広場(無料)

子供の大好きな遊具で思いっきり遊べる広々とした広場です!
すべり台や、ブランコ、ターザンロープ、シーソー、綱渡りなどがあります。
同じ遊具が何個も設置されているので、混み合うことなく遊べますよ。

 

ブランコは、カゴのようになっている小さな子供用もあるので、普通のブランコではまだ心配という小さな子供も乗ることができます。

ただ、落ちないからといって揺らし過ぎには注意しましょう!
首がカックーンとなります!

 

4人で乗れる十字型のシーソーは、動物の背中に乗るようになっていて可愛いです。

6.こども動物園(無料)

羊、ヤギ、モルモット、うさぎ、リスなどの動物と触れ合うことができます。
ほかにも、ポニー、カモ、マーラ、ミニブタなどもいます。

エサも販売されており、購入してエサやりをすることもできますよ。
ふれあいは時間が決まっているので、お出掛け前にホームページでチェックしてくださいね。
リスのエサやりも時間が決められています。

 

ミニブタさんは、お散歩や、ショーを見せてくれます。
ミニブタさんたちが頑張っている姿が微笑ましいです。
こちらも時間が決まっているので確認して下さいね。
ミニブタのショーは夏場は中止になります。(暑さでブタさんが疲れてしまうからです)

スポンサーリンク

東京ドイツ村おすすめの食べ物は?

1.バーベキューBBQ (マルクトプラッツ内)

東京ドイツ村はバーベキューをすることができます!
みんな大好きバーベキュー!大人も子供も盛り上がりますね!

場所は、芝生広場の坂の上に建つ、ドイツ風建物のマルクトプラッツです。
バーベキューエリアは屋根があり、とっても広々しています。

好きな食材を選んで購入し、レジで精算してテーブルで焼くというスタイルです。
お肉のほかにも、ドイツソーセージや、イカ串、とうもろこし、やきそばなどもあります。

席料の設定はなく、好きなものを選ぶことができるというのが良いです。
ソーセージはやっぱり焼きたてアツアツが一番美味しいですから、ぜひドイツソーセージをバーベキューで味わってみてくださいね!

2.マルクトプラッツにあるパン工房

プレッツェルなどのドイツパンが販売されています。
一般的によく食べるパンとは一味違います。
しっかりとした麦の味がするパンです。
見た目は地味ですが、美味しいのでぜひ食べてみてくださいね!

 

その他、食事の出来る場所は3カ所ありますが、味は普通です。

・ピザ&カフェテリア・・・ピザ、スパゲティ、ピラフなど

・春菜・・・そば、うどん

・マルクトプラッツのレストラン・カフェテリア・・・ドイツソーセージ、カレー、オムライス、キッズプレートなど

スポンサーリンク

東京ドイツ村のお土産は?

マルクトプラッツではお土産がたくさん販売されています。
ドイツソーセージ、バームクーヘン、ドイツのお菓子などドイツにまつわる品物が充実しています。
また、千葉県のお土産品もたくさん並んでいるのでお土産には困りません。

スポンサーリンク

最後に

東京ドイツ村は、冬のイルミネーション、季節ごとのお花畑、夏の水遊びなどなど、季節ごとにいろんな楽しみ方ができるスポットです。

今回ご紹介した以外にもパターゴルフ、釣り、芝そりゲレンデ、ミニコースターなどまだまだたくさんのアトラクションがあります!

東京ドイツ村は、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に、家族みんなで楽しめる場所です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました